YouTube Premiumが必要な人と不要な人

最近たまにスマホやタブレットでYouTubeを見ると”YouTube Premium”を1ヶ月間無料体験しよう、というポップアップが出て、いい加減鬱陶しくなってしまったので試しにYouTube Premiumに入ってみたのだが、数日使った結論としては”僕には必要ない”というものだった。

YouTube Premiumの概要

簡潔にYouTube Premiumの内容をまとめてみよう

まずはサブスクリプション料金だが、iOS版月額1,550円、Android版月額1,180円、PC(Web版)月額1,180円となっている。

iOS版が高いのはいわゆるApple税を回避するためである。

ただ、Web版のYouTubeで1,180円で契約すればiOS版も1,180円になるので、iOSのYouTubeアプリからは契約手続きをせずにWeb版から登録した方が安く済む。

広告なし

YouTube Premiumに加入するとあらゆる動画のあらゆる広告が消え、PCでもスマホでもタブレットでもセットアップボックスなどでも快適な動画視聴が可能になる。

特に最近はYouTubeの広告(CM)は続けて二つ流れたり、一つのCMが長かったりと広告の比率が大きくなっているのでこれは大きなポイントだろう。

ただ、PCなら広告ブロッカーを入れれば簡単に広告を消せるので、PCを持っていて、あまりスマホやタブレットで動画を見ないのであればメリットは薄い。

バックグラウンド再生が出来る

これはスマホやタブレットのアプリで真価を発揮する機能であるが、YouTube Premiumに加入すれば、たとえYouTubeアプリから離れてホーム画面に戻ったり他のアプリを立ち上げてもYouTubeアプリを起動している限り、動画は再生されたままになる。

注意したいのが、バックグラウンド再生といってもピクチャインピクチャのように動画が表示されるわけではないということ。

再生中の動画の音声が途切れないのであって、他のアプリを利用しながら動画を再生したりは出来ない。

この機能もPCではYouTube動画を別ウィンドウで表示させたり、フリーソフトを使えば簡単に実現可能なので、PCユーザーにとっては関係がない。

動画をオフラインで見れる(保存できる)

YouTub Premiumに加入するとYouTubeアプリの動画再生画面に”オフライン”という項目ができ、動画を保存(ダウンロード)することが出来る。

ただ、この保存は一時保存であり、30日ごとに保存し続ける必要がある他、PCではこの機能は利用出来ない。

今のところ唯一スマホやタブレットがPCより優っているのがこの保存機能で、30日とは言え動画を一時保存出来るのは結構いいなとは感じた。

YouTube Music Premiumが利用できる

YouTube Premiumの中にはYouTubeの音楽サービスである”YouTube Music”が含まれている。

ちなみにYouTube Musicは単独のサービスであり、YouTube Premium限定のサービスではない。

また、複雑なことにYouTube Musicの中にも無料プランと有料プラン(YouTube Music Premium)が存在する。

YouTube Premiumは言うなれば上位互換のような形であり、YouTube Premiumの中にYouTube Music Premiumが含まれる、と覚えておくといいと思う。

将来的にGoogle Play MusicとYouTube Musicは統合される予定であり、他の音楽配信サービスに入っていないのであれば、有用かもしれない。

YouTube Originalsが視聴できる

YouTube PremiumではYouTube OriginalsというYouTube Premium限定のドラマや映画を視聴することが可能になる。

YouTube OriginalsはYouTube Musicなどとは違い、単独のサービスではなく前述の通りYouTube Premium限定のサービスであるため、YouTube Originalsを視聴したい場合はYouTube Premiumに加入する必要がある。

ちなみにYouTube Originalsはその名の通りオリジナルの番組や映画のみを配信しており、NetlixやAmazon Prime Videoとは違い、一般のテレビ番組や映画は視聴出来ない。

YouTube Premiumをおすすめできる人

  • PCを持っていないかあまり使用せず、YouTubeの動画は主にスマホやタブレットのYouTubeアプリから視聴している
  • 他の音楽配信サービスに加入していない(SpotifyやApple Musicなど)
  • YouTubeでよく音楽を聴く(バックグラウンド再生の真価を発揮できる)
  • YouTube Originalsのオリジナル番組や映画に興味がある

YouTube Premiumをおすすめできない人

  • PCの使用が圧倒的に多く、スマホやタブレットでほとんど、あるいは全くYouTubeアプリを利用していない
  • 他の音楽配信サービスに既に加入している
  • NetflixやAmazon Prime Videoのように一般のテレビ番組や映画を視聴したい
  • 動画配信サービスのオリジナルコンテンツに興味がない

まとめ

YouTube Premiumはスマホやタブレットの利用者を主なターゲットとしていて、PCでの利用はあまり考慮していないように感じた。

現代ではPC未所持の人も珍しくないし、ネットの利用者も若年層ではスマホやタブレットが主流であるため、GoogleとしてもYouTube Premiumのターゲットをスマホやタブレットユーザーに絞った方が収益が見込めると踏んだのだろう。

ただ、PCでYouTubeを利用する人も一定数いるので、YouTube PremiumのメリットをPCでも感じられるような付加価値が欲しかったところ。

唯一動画の保存機能がPCより優っているが、この機能のために月額1,180円を払うのはさすがに高すぎると感じた。

色々と批判的なことを書いてしまったが、YouTube Premiumはまだ始まったばかりのサービスであり、成長すれば他のサブスクリプション型サービスを上回るポテンシャルを秘めているので、これからに期待したい。