YouTubeの言語・地域設定を日本(日本語)から変更する方法

PCのブラウザ版YouTube、モバイルのYouTubeアプリでYouTubeの言語・地域設定を日本(日本語)から他の国や言語に変更し、可能な限り日本語の検索候補やおすすめ動画に出てくる日本の動画を除外する(表示しない)方法を紹介。

本記事の設定を行っても完全に日本の動画を非表示にできるわけではないが、日本の動画がおすすめされる頻度などは減る他、「急上昇」セクションなどからは完全に日本の動画を非表示にできる。

もちろんチャンネル登録している動画は例え日本の動画であっても正常に表示されるためご安心を。

YouTubeの言語・地域設定を変更する方法

モバイルYouTubeアプリ

モバイル(スマホ・タブレット)のYouTubeアプリでは言語は変更できないので地域設定を変更しよう。

YouTubeアプリを開いたら右上のプロフィールアイコンをタップ。

「設定」をタップ。

「国/地域」をタップ。

希望の地域をタップ(ここでは米国)。

これでおすすめ動画や検索で日本の動画が出てくる頻度は減る。

もしモバイルでも日本の動画や日本語の検索候補を極限まで減らしたい場合はYouTubeアプリではなくブラウザからYouTubeにアクセスすれば地域に加えて言語も変更できるので、アプリに拘らないのであればブラウザからYouTubeにアクセスするのも手。

上記画像では言語を「English (US)」に設定してYouTubeのインターフェースも含めて言語を英語に変更し、日本の動画が出てくる頻度を極限まで減らしている。

どうしてもYouTubeアプリを使用したい場合はiPhoneの言語設定そのものを変更するという方法もある。

iPhoneの言語を変更するには「設定」から「言語と地域」をタップ。

「iPhoneの使用言語」を他の言語に変更すればYouTubeアプリの言語も変更される。

ただし、この方法だとiPhone上の全てのアプリの言語が変更されてしまうため、あまりお勧めはできない。

PC(ブラウザ)

YouTubeアプリと違い、前述の通りブラウザ版YouTubeは地域に加えて言語も変更できるので、PCでYouTubeの日本語の検索候補や日本の動画を非表示にする方法はスマホに比べるとかなり簡単だ。

YouTubeにPCからアクセスし自分のプロフィールアイコンをクリックして「場所:日本」の項目をクリック。

希望の地域をクリック(ここではアメリカ)。

なお、既にスマホのYouTubeアプリで地域を変更している場合は既に地域が日本以外になっているはず。

地域を変更しただけでは上記画像のように日本語の検索候補(サジェスト)が表示されてしまうので、続いて言語も変更しよう。

再度自分のプロフィールアイコンをクリックして「言語:日本語」となっている部分をクリック。

一覧から希望の言語をクリック(ここではEnglish US)。

地域と言語を両方変更すると検索候補でも(日本語で検索した場合を除いて)、日本語の検索候補は出なくなる。

地域・言語変更後のYouTube

地域と言語を変更したYouTubeの各プラットフォーム(PC・モバイル)での変化。

比較対象はYouTubeの「急上昇(Trending)」セクション。

モバイルYouTubeアプリ

PC(ブラウザ)

違いは一目瞭然であり、「急上昇」などのセクションからは日本の動画は完全に消え去り、動画を検索した際にも日本の動画が出てくる頻度は大幅に減るので日本のYouTube動画に興味がないといった場合は地域や言語を変更する方法はとても有用だと思う。