Google検索で特定言語の検索結果のみ表示する方法

通常Google検索は例えば「iPhone」というアルファベットだけで構成されている単語を検索しても日本語の検索結果が優先されて表示される。

ここではGoogle検索で特定の言語でのみ検索結果を表示させる方法をまとめる。

なお、本記事の手順はスマホなどでも一部を除けば同じだ。

また、本記事の手順は「英語のページだけを優先させて検索結果に表示させる」という場合を例にしている。

方法その1:Google検索で言語設定を行う

特定の言語の検索結果のみを表示させる方法として最も一般的なのはGoogle検索の設定で地域と言語を指定することだろう。

検索地域を設定

まずGoogle検索の画面右下にある「検索設定」をクリックする。

続いて地域の設定で好みの地域を指定する(ここではアメリカ合衆国)。

言語を設定

続いて「言語」の項目で検索結果で優先する言語を指定する(ここではEnglish)。

設定が反映されたか確認する

以上でGoogle検索のインターフェースが英語に切り替わり、英単語で検索すれば英語のページ(アメリカ合衆国)が優先されて表示される。

また、一度そのブラウザで地域と言語を指定したのならCookieに記録されるため、Cookieを削除しない限りはブラウザに地域と言語設定が記憶される。

この方法の問題点

ここまでの手順だけでは英単語であれば英語のページが優先されて表示されるが、例えば「東京スカイツリー」などと日本語で検索した場合は日本語のGoogleで検索した場合と全く同じ検索結果が返される。

上記画像のように「東京スカイツリー」と検索した場合、日本語設定で検索を行う場合と全く変わらない検索結果が表示されている。

方法その2:検索オプション(Advanced Search)を使う

Google検索には「検索オプション(Advanced Search)」という機能が用意されており、細かい条件を指定して検索を行うことが可能であり、ここで言語と地域を指定すれば検索結果に特定言語のみを表示することが可能だ。

ただ、検索オプションでは検索したい言語の切り替えに手間がかかるほか、Cookieによる設定の保存がされないため、検索する度に言語を指定する必要がある。

方法その3:言語パラメータをアドレスに指定する

3つ目の方法として、前述した「検索オプション(Advanced Search)」のパラメータを利用し下記のように言語パラメータをアドレスに指定して検索してみよう。

www.google.com/search?q=東京スカイツリー&lr=lang_en

上記の例では検索語句(東京スカイツリー)に「lr=lang_en(英語)」という言語パラメータを指定している。

なお、各言語のパラメータは以下のようになる。

  • lr=lang_af アフリカーンス語
  • lr=lang_ar アラビア語
  • lr=lang_hy アルメニア語
  • lr=lang_be ベラルーシ語
  • lr=lang_bg ブルガリア語
  • lr=lang_ca カタロニア語
  • lr=lang_zh 中国語(簡体字)(繁体字)
  • lr=lang_hr クロアチア語
  • lr=lang_cs チェコ語
  • lr=lang_da デンマーク語
  • lr=lang_nl オランダ語
  • lr=lang_en 英語
  • lr=lang_eo エスペラント語
  • lr=lang_et エストニア語
  • lr=lang_tl フィリピン語
  • lr=lang_fi フィンランド語
  • lr=lang_fr フランス語
  • lr=lang_de ドイツ語
  • lr=lang_el ギリシャ語
  • lr=lang_iw ヘブライ語
  • lr=lang_hi ヒンディー語
  • lr=lang_hu ハンガリー語
  • lr=lang_is アイスランド語
  • lr=lang_id インドネシア語
  • lr=lang_it イタリア語
  • lr=lang_ja 日本語
  • lr=lang_ko 韓国語
  • lr=lang_lv ラトビア語
  • lr=lang_lt リトアニア語
  • lr=lang_no ノルウェー語
  • lr=lang_fa ペルシャ語
  • lr=lang_pl ポーランド語
  • lr=lang_pt ポルトガル語
  • lr=lang_ro ルーマニア語
  • lr=lang_ru ロシア語
  • lr=lang_sr セルビア語
  • lr=lang_sk スロバキア語
  • lr=lang_sl スロベニア語
  • lr=lang_es スペイン語
  • lr=lang_sw スワヒリ語
  • lr=lang_sv スウェーデン語
  • lr=lang_th タイ語
  • lr=lang_tr トルコ語
  • lr=lang_uk ウクライナ語
  • lr=lang_vi ベトナム語

パラメータを指定して改めて日本語で検索してみると検索語句が日本語であってもパラメータで指定した言語のページが優先されて表示される。

先ほどと同じく「東京スカイツリー」という語句で検索してみると上記画像のように東京スカイツリーの公式サイトは表示されるが、Wikipediaの検索結果も英語のWikipediaページが優先されて表示されていることがわかる。

これにより、もし東京スカイツリーのゴシップ記事があったとしてもそういったサイトは表示されず、日本語で検索した場合でも公的なサイトのみを表示させることができる。

この設定をデフォルトにしたい場合

これはPC限定となるが、もし常に特定言語のみを優先させたい場合、下記のカスタム検索URLをブラウザの環境設定で登録し、デフォルト設定にすればアドレスバー(オムニボックス)での検索でも常に特定言語のみを優先して検索することが可能だ。

https://www.google.com/search?q=%s&lr=lang_en

上記の例では英語を優先設定にしているが、もちろん先ほどの言語パラメータを参照してlang_enの部分を好きな言語に指定してもいい。

アドレスバー(オムニボックス)に新たなカスタム検索を追加するにはGoogle Chromeの場合、まずは環境設定を開き「検索エンジン」>「検索エンジンの管理」の画面に移動する。

上記の画面が表示されたら右下の「追加」をクリックして先ほどのカスタム検索URLを登録する。

あとは追加したカスタム検索URLを「デフォルトに設定」をクリックしてデフォルト設定にすればOKだ。

まとめ

今回のパンデミックにおいては「Infodemic(インフォデミック)」と呼ばれる「感染症に関してデマや陰謀論が拡散される」という新たな問題が発生し、ネット上には根拠不明な情報や誹謗中傷(他人同士の中傷合戦)が溢れているため、僕は本記事の手順で検索エンジンの言語設定を変更し、国内SNSやまとめサイトなどのニュースを出来るだけシャットアウトするようにしている。

もちろんどこの国でもどの言語でもデマや陰謀論、誹謗中傷は多かれ少なかれ存在するが、英語で書かれている場合は頭の中でワンクッション置いて翻訳されるため日本語の情報を直接見るより精神的負担が少ない。

特にコンピュータ関連においては検索設定で英語を優先設定にしていると思わぬ発見があるため、情報のシャットアウトや特定の情報を入手するといった場合、検索エンジンの言語を変更するのは有用だと思う。

このような「不要な情報のシャットアウト」に興味があり、Twitterを利用している方は下記記事も是非ご一読頂きたい(管理人は既にTwitterのアカウントは削除し今後利用するつもりはない)。

PC/スマホのWeb版Twitterからおすすめ・ニュース・トレンドを非表示にする