スマートフォンやタブレットで動画アプリではなくブラウザから動画を見るススメ

スマートフォンやタブレットだと多くの人がYouTubeアプリやTwitchアプリなどのいわゆる「アプリ版」を使用して動画を見ている人が多いと思う。

しかしアプリをあえて使用せずにSafariなどのブラウザからYouTubeなどの動画サイトを直接開いて見た方が実は利便性が高い。

僕は最近はYouTubeやTwitchなどの動画視聴アプリは使わず、iPhoneやiPadのブラウザで動画を視聴しており、その快適さに驚いた。

動画アプリではなくブラウザから動画を見るべき理由

広告をブロックできる

コンテンツブロッカーを有効にすれば広告を非表示にできる

動画アプリを使用せずにブラウザから動画サイトを開き動画を視聴する一番のメリットが「広告をブロックできる」ということ。

YouTubeやTwitchなどのアプリ版だとAndroidならまだしもiOS/iPadOSではアプリ内の広告をブロックするには有料アプリを利用したり、あるいは有料アプリでさえもアプリ内広告はブロックできなかったりする。

しかし無料の広告ブロッカーであるAdBlockAdGuardなどを有効にしてSafariなどのブラウザから開けば広告に煩わされることなくYouTubeやTwitchなどの動画を楽しむことが可能だ。

たまに広告ブロッカーをすり抜けて広告が表示されてしまうこともあるが、アプリ版に比べれば広告が表示される頻度は非常に少ない。

特にTwitchの広告はスキップできない上に大半の広告が30秒もあるため、ブラウザからTwitchを視聴するだけで快適度は全く違う。

ただ、アプリ版に比べるとYouTubeやTwitchではiPhoneのフルスクリーンボタンを押しても自動でワイド画面にならず、画面の回転ロックを解除しないと全画面で見れないなど利便性は劣る場合がある。

また、iPhoneでTwitchをブラウザで閲覧した際はアカウントへのログインやチャットの書き込みは(僕が試した限り)できず、動画の視聴のみが可能。

とはいえ大半の動画サイトは動画自体は全く問題なく視聴できる。

iPadなどでピクチャインピクチャで動画を再生できる

YouTubeの動画をアプリを跨いでピクチャインピクチャで再生できる

YouTubeアプリなどはたとえYouTube Premiumに加入しても動画のピクチャインピクチャには対応しておらず、できたとしてもアプリ内だけに留まる。

しかしブラウザから見る場合は以下の記事の方法(スクリプトを用いた方法)でiPadなどでアプリを跨いだ動画のピクチャインピクチャ再生が可能だ。

iPadでYouTubeやWebサイトの動画をピクチャインピクチャで再生する方法

iPadOSの登場に伴いiPadの利便性も上がり、更に最近のiPadシリーズは画面が大型化しているのでピクチャインピクチャで動画を再生できるというのは非常に便利だ。

有料サービスへの勧誘がない

昨今のYouTubeアプリではYouTube PremiumやYouTube Musicという有料サービスの開始に伴い「無料体験しましょう」「YouTube Premiumなら広告なしで視聴可能」などと有料サービスへの勧誘画面が出る。

しかしブラウザから視聴すれば上記のような勧誘メッセージは表示されない。

YouTubeの勧誘ポップアップが頻繁に出て困っているならブラウザに切り替えるだけでそういった勧誘からも解放される。

ストレージの容量を食わない

YouTubeなどの動画アプリを消して完全にブラウザでのみ視聴するスタイルならYouTubeなどのアプリを消せばストレージ容量の節約になる。

iPhoneのYouTubeアプリの場合、単体で128MBを消費しているため動画アプリの削除というのは特にストレージの少ないiPhoneにおいてはストレージ節約において極めて有効な手段だろう。

デメリット

デメリットとしてはブラウザのみでの視聴スタイルでアプリを消した場合「YouTubeなどの通知が一切来ない」ということ。

もちろんブラウザでYouTubeを開けば画面上に出ている通知は確認できるが、ロック画面へのプッシュ通知は仕組み上表示されない。

動画アプリの通知が来ないと困るという人はストレージ容量節約というメリットはなくなるが動画アプリは通知を有効にしてインストールだけはしておき、基本的にはブラウザでのみ視聴するというスタイルが一番かもしれない。

また、前述したTwitchのようにiPhoneなどのスマホからブラウザでアクセスした場合に機能が制限されるというのもデメリットだろう(iPadは問題ない)。

まとめ

Amazon Prime VideoやNetflixなどの有料会員向けのアプリや既にYouTube Premiumなどに課金して広告を非表示にしている場合はアプリ版でもいいが、無料版のYouTubeアプリなどを使用しているならブラウザでの視聴に切り換えることにより非常に快適な動画視聴が可能になる。

動画サイト運営側はアプリを無料で配布して広告を消したければ有料サービスに入るように促す場合が多いが、ブラウザからの視聴であれば引き続き広告なし・無料でサービスを利用可能のため、ブラウザでの視聴はそういった諸々の猥雑さがなくオススメだ。