三日間の幸福

先日購入した三秋縋”三日間の幸福”読了。

(メディアワークス文庫)三秋縋(著)

氏の作品は先日読んだ”恋する寄生虫”以来、非常に読みやすく、内容も興味深く、僕のような”ラノベには興味ないが一般文芸を読むほどではない”という中途半端にオタクな人間には非常に読みやすいため、率先して購入している。

今回の作品は氏のデビュー作であるようだが、恋する寄生虫と同じく”一般的ではない”恋愛物語であり、とても楽しく読めた。

三秋縋の作品はほぼ全てが”恋愛作品”であるようで、このことから三秋縋は世間的には”恋愛作家”ということになるのだろうが、その作風はどの今まで読んだどの恋愛小説とも違う。

一言で言えば三秋縋の作品は”切ない”のである。

この”切ない”という言葉が一番しっくりくるし、氏の作品を表す上でもっとも相応しいものであると思う。

ありがちなハッピーエンドは描かれず、かといってバッドエンドというわけでもない。

”当事者たちは確かに幸せなのだろうが、それを読む観客である読者はそこに単純な幸せを見るのではなく、どこか空虚さと切なさを感じざるを得ない”というのが恋する寄生虫、三日間の幸福と読んできて感じた感想である。

そこにあるのは確かに”愛”であり”恋”だが、運命的に出会った者たちが愛や恋の力で困難を乗り越えるというようなありがちな物語は描かれない。

描かれているのは”成り行きで恋に堕ちた者達が足掻きながら彼らなりの幸せを得る”というものだ。

運命的に出会ったという側面もあるのかもしれないが、実際のところ作中で恋する者たちは運命というよりは”そうあるべくして出会った”というほうがしっくりくる。

主人公やヒロインは決して特別な人間ではないし、英雄でもなければ、とりわけ幸福でも不幸でもない、一部分を除けばごく一般的な存在である。

故に読者である我々にも登場人物への感情移入がしやすく、二人に芽生える恋を応援しようという純粋な気持ちに没入しやすいのだ。

しかし、最初に書いたように二人の恋は通常のハッピーエンドでは終わらない。

最後には”読者が想定していない形のハッピーエンド”となって終わるのが氏の作品の特徴だ。

これが氏の作品を特別なものにしている要素なのではないかと思う。

どこにでもいるような人間が、ちょっと変わった恋をして、普通ではない幸福を得る。

このちぐはぐさが三秋縋作品の魅力なのではないか。

長々と書いたが三秋縋という著者は、僕が近年出会った作家の中でもっとも自分の好みに合っていると思える作品を書く人だ。

既に様々な作品を出しているようなので、今後も氏の作品を購入していきたいと思う。