写真を撮るときに気をつけていること

鎌倉市 江ノ電鎌倉高校前駅

写真を撮る際には、どれも当たり前/常識ではあるが気をつけていることがある。

まず、”通行人などの邪魔にならない”場所で写真を撮ること、”見ず知らずの人に了解を得ずにレンズを向けないこと””写真禁止の場所では撮影しないこと(カメラも仕舞う)””肖像権・プライバシーを尊重すること”である。

どれも当たり前のマナーではあるのだが、最後の”肖像権”については識者やカメラマンの間でも意見が分かれているので難しい問題だ。

例えば上記の写真は車のナンバーの部分に加工を施し、個人を特定できないようにしているが、”写真を撮る際、必ずしも人の顔やナンバーなどに加工を施す必要はない”といことだ。

例えば街頭や雑踏、観光地などを撮影すると必ず人の顔が写り込んでしまうが、そういった人が多い場所での写真は個人を特定することが困難であり、また、全ての人物の顔に加工をすることも現実的ではないため、肖像権は発生しているが、適用の範囲内ではないとされる。

もしこういった雑踏などでも肖像権が主張されるのならば、テレビの街頭インタビューやお天気カメラ、ライブカメラなども肖像権を侵害していることになってしまう。

ただ、もちろんその雑踏の中にいる人物が写真の撮影者に「自分が写っているから写真を消すか、顔を加工してくれ」と要求した場合は受け入れなければいけないだろう。

ちなみに私は人物の写真は撮らないが、もし誰かの写真を間近で撮る際には当たり前だが、事前に撮影許可を得なければいけない。

街中や雑踏などでは問題とならないかもしれないが、明らかにその個人を特定できるような人物写真の場合は肖像権の影響が極めて大きくなるからだ。

また、建物などにはそもそも肖像権が発生しない。

”肖像権とは人間にのみ適用される”と定められているからだ。

ただし、建物に肖像権がないだけで、それが誰かの所有物・公共物であった場合は所有者の権利が優先される。

誰かの個人の住宅を撮っても肖像権は発生しないが、それは誰かの”所有物”なので権利は当然所有者が有する。

所有者が写真の撮影を許可しなかった場合に無理に撮影しようとすれば、それは当たり前だが法に触れるのだ。

そして先の私の撮影した江ノ電の写真であるが、江ノ電の車両もそれに写っている車もこれまでに述べたように江ノ電は江ノ島電鉄の”商標であり所有物”、車も誰かの所有物であるため、江ノ電や車の所有者から削除要請がなされた場合、私はそれに応じなければいけない。

また、もしそれらの写真を”販売”しようとする際、つまりそれらの肖像権が発生している写真で利益を得る場合には肖像権以外の問題も絡んでくるため、さらに問題は複雑になるだろう。

写真を販売する際にどのような手順・手続きが必要なのかは、現在私も詳しく調べているところだ。

いずれにしろ写真というのは遊びではなく、一枚写真を撮るごとに法的にしろモラルにしろ、何らかの責任が撮影者に発生しているということである。

最近はアマチュアカメラマンのマナー違反が問題になることも多いが、私も含めて写真を嗜む人はこういった注意点を意識し、かつ他人に不快感を与えたり、迷惑をかけるようなことをせずにしなければならないと、今一度肝に銘じたい。