OSORE ZONE

今日の1枚

日本初のホラー映画専門配信サイト”OSORE ZONE”のサービスが本日開始された。

知り合いの紹介でこのサービスが始まると知り以前から事前登録をしていた。まだ本登録はしていないが、お試し期間として2週間無料で利用もできるようだ。なお、お試し期間後は月額500円となる。

一通り映画のラインナップを見てみたが、有名どころのホラー映画は既にAmazon Prime VideoやNetflixで配信されているものばかりで、他は聞いたこともないような所謂B級映画が大半という印象。何気にB級ホラー映画も大体は見てしまったので、特に目を引くタイトルがなかった。

唯一感心したのは個人的に好きな映画”エビデンス 第6地区”がラインアップにあるところだ。この映画は個人的に大好きなPOV(ポイントオブビュー)映画であり、なおかつPOVというジャンルの中でも異彩を放っている傑作(と個人的には思っている)だ。

ただ、”エビデンス 第6地区”は既にiTunesで購入しており、その他には特別琴線に触れる映画がない。ホラー映画専門とするなら、海外のマイナーなB級映画をただ並べるだけでなく、他の配信サイトにはなく、かつホラー映画ファンの目を引くような独自色のある映画を配信してほしかった。

そしてこれは権利の問題なのだろうが、日本産の有名ホラー映画はほとんどないというのが気になる。リングや呪怨はもちろんのこと、一部で熱狂的なファンがいる白石晃士監督作品も2作品しかない。

白石晃士監督の”ある優しき殺人者の記録”という異色作がNetflixでは配信されているのを考えるとラインナップ不足という印象は否めない。他の配信サービスとの差別化を図る上でも個人的には”ノロイ”や黒沢清監督作品ももっと配信してほしかった。

しかしこれは月額500円ということを考えると仕方ないのかもしれない。ラインナップ不足も今後は改善されていく可能性があるし、何よりホラー映画専門配信というサービスが日本で開始されたことを切に嬉しく思う。