お金をかければ写真は良くなるのか?

鎌倉 鶴岡八幡宮

写真を始めてから、常に考えていたことがある。

それは”カメラや周辺機器にお金をかければ写真は上手くなるのか?”ということだ。

私が考えた末の結論から言って、写真に関してはカメラや周辺機器にお金をかければ、ある程度写真は上手くなる、ということだ。

”弘法筆を選ばず”という言葉があるが、写真に関しては当てはまらない。

もちろん、高いカメラやレンズを買えばプロのような写真が撮れるというわけではない。

だが、素人だとしてもカメラやレンズに多少なりともお金をかけたほうが、写真の見栄えもよくなることは確かだと感じている。

将棋や囲碁なら例え紙と石で作った碁盤でもプロならプロらしい実力を発揮できるだろう。

だが、写真に関しては例えばプロの写真家に5000円程度のコンパクトデジタルカメラや使い捨てカメラを渡しても、プロらしい写真を撮ることは難しいはずだ。

もちろん私はまだまだ写真の素人なので、確かなことは言えない。

それでも私が廉価なコンデジや使い捨てカメラを渡されて「いつものように写真を撮ってみろ」と言われたら、いつものような写真を撮る自信はない。

写真というのは他の芸術分野と違って、カメラの性能やレンズの種類など、道具によって良し悪しが大きく左右されるものだと私は思う。

カメラの画素数が高くなければ編集やトリミングをした際に画質は劣化するだろうし、センサーのサイズによって写真のボケ味は変わる。

望遠レンズがなければ詳細な鳥の写真を撮ることは不可能であるし、レンズフードがなければ逆光で写真を撮った際にフレアが写り込む。

カメラにもレンズにも多少なりともお金をかけなければ不可能なことが、写真には山ほどある。

そして写真は”撮って終わりではない”

そこから更にLightroomなどで写真を編集し、現像する過程がある。

当然Lightroomなどの編集ソフトにお金を払う必要があるほか、PCも必要だし、更にそのPCのスペックも要求される。

センスや才能だけではどうにもならない点が写真という芸術には存在する。

ただお金をかければいいというわけではないが、少なくともそれなりの額の初期投資は必要なのだ。

コンパクトデジタルカメラやスマホのカメラ、使い捨てカメラではセンスや才能やスキルがあっても十分にそれらを活かせない。

写真で大切なのは、プロ仕様とまでは行かなくても、ある程度のレベルの機材を使ってそこからいかにセンスや才能やスキルを磨いていくのか、ということではないだろうか。

もしこれから本格的に写真を始めたいという人がいれば、私は10万円とまでは言わないが、少なくとも数万円のカメラとレンズをまずは勧める。

初心者に複雑な機能や設定のあるカメラを勧めるのは敷居が高すぎるのではないかと思う人もいるかもしれないが、使っていくうちにむしろ機能や設定に物足りなさを感じてくるはずだ。

その”機能や設定に物足りなさを感じる”というところがまずは出発点だと思う。

そのレベルまで到達したら、あとは自分の好きなカメラを選んでいけばいい。

長くなってしまったが、要はいくらセンスや才能やスキルを持っていても、機材がそれらの足を引っ張っていては元も子もないということだ。

偉そうに語ってしまったが、そういう私も写真の素人であり、ようやく最近になって出発点に到達したレベルだ。

プロの写真家がこれを読んだら鼻で笑われてしまうかもしれない。

だが、私は今後も写真を撮り続け、研鑽を続けたい。

そこに高額な投資が必要だとしても、それらがセンスや才能やスキルを補助・成長させてくれるなら喜んで投資をするつもりだ。