のんのんびより劇場版&エロマンガ先生OVA

今日はのんのんびより劇場版ばけーしょんエロマンガ先生OVAを見ていた。

僕はテレビを持っていないが、どちらもTVアニメ版はネット配信サービスで全シーズン視聴済み。

あまりアニメBDの特典には興味ない人間なので、デジタルセル版があれば間違いなくそっちを購入したのだが、アニメ劇場版やOVAのデジタルセル版が配信されることは極めて稀なのでBDを買うしかなかった。

( イベントチケット優先販売申込券 ) [Blu-ray]

のんのんびより劇場版は特に楽しみにしていたBDの一つで、内容ものんのんびよりらしくほのぼのとした空気と、テレビ版でも健在だったシュールな小気味よいシーンがあってとても楽しく視聴できた。

1時間11分という、アニメの劇場版としてもかなり短い部類に入る映画だと思うが、それでも内容は濃密でのんのんびよりファンなら満足できる作品だった。

のんのんびよりは俗に言う”日常系アニメ”であるが、個性豊かなキャラクターが多数登場し、田舎あるあるネタや所々に挟まれるシュールなシーンで、日常系アニメとしては根強いファンがいるアニメだ。

どうにも僕は歳を取ってからはこういう日常系アニメに傾倒していて、アクションやファンタジーのようなジャンルのアニメは一部を除いてすっかり見なくなってしまった。

30年以上生きていると、現実は辛いことばかりなのでアクションやファンタジーより、こういうほのぼのとした日常を描いたアニメにとても救われるのだ。

(完全生産限定版) [Blu-ray]

一方のエロマンガ先生OVAはその名の通り劇場版ではなくOVAであり、内容も短編2本で47分という、アニメ版のおまけ的な内容であったが面白かった。

テレビ版のエロマンガ先生はお色気的シーンが多く、お世辞にも多くのアニメファンに支持されたとは言えないアニメなのだが、それでも一定数のファンがいたためか、こうしてOVA版が発売された。

ラノベ原作のアニメではあるが、最近流行りの”異世界モノ”ではなく、有り体に言えば普通のラブコメ的作品なので、異世界モノアニメにあまり興味がない僕にとってはラノベ原作のアニメではこういう作品の方が楽しめる。

しかし、アラサーにもなってこの田舎町でこんなアニメ(失礼)を見ているのは僕くらいだろうな。

どうも僕の趣味は写真だったり、ガジェットだったり、Mac関連だったり、実写映画だったり、今回のようにアニメだったりと、一つの所に留まらずに広く浅く嗜むタイプのせいか、ブログの記事も四方八方のネタばかりでこんなブログでいいのかという気もするが、まあ趣味もブログも楽しんでなんぼなのでこれでよしとしよう。