Macを常にVerboseモードで起動する方法

Mac(macOS)にはVerboseモードという、起動時にブートスクリーンを表示せずにCUI表示でOSを起動する「Verboseモード」というものがある。

ここではMacを常にVerboseモードで起動する方法を紹介する。

通常の方法

通常では下記Appleサポートのページにもある通り、起動時にCommand+Vキーの同時押しでVerboseモードに入ることができる。

参考 Mac をシングルユーザモードまたは Verbose モードで起動するApple

常にVerboseモードで起動する方法

下記のターミナルコマンドを実行することで再度手動で解除するかNVRAMをリセットしない限り、Macは常にVerboseモードで起動するようになる。

sudo nvram boot-args="-v"

パスワードの入力を求められたら管理者パスワードを入力してエンターキーを押そう。

このコマンドはmacOSのプロテクト「SIP(System Integrity Protection)」などを無効にする必要はないため、特に問題なくターミナルで実行することができるはずだ。

Verboseモードの指定を解除する方法

前述のコマンドでセットしたVerboseモードの解除は下記コマンドを実行する。

sudo nvram boot-args=""
sudo nvram -d boot-args

パスワードの入力を求められたら管理者パスワードを入力。

なお、手動でNVRAMなどをリセットしてもVerboseモードの指定は解除される。

常にシングルユーザーモードで起動させるコマンドはエラーが出る

なお、下記コマンドを指定して常にMacをシングルユーザーモードで起動することもできるが、このコマンドはSIPを無効にしないとエラーが出る。

sudo nvram boot-args="-s"
常にシングルユーザーモードで起動するコマンドはSIPを無効にしないとエラーが出る

SIPの無効化方法は下記記事を参照して頂きたい。

NVRAMなど特定のコンポーネントのみSIPを無効にする方法 macOSターミナルでNot Permitted(アクセス権)エラーが出た場合の対処法

常にシングルユーザーモードで起動するコマンドの解除はVerboseモードの解除と同じく下記コマンドを実行する。

sudo nvram boot-args=""
sudo nvram -d boot-args

まとめ

Verboseモードは主にMacの起動プロセスに問題がある際にトラブルシューティングとして使用するモードだが、常にMacの起動プロセスを確認したい場合は本記事の方法でMacを常にVerboseモードで起動させるように指定すると便利だろう。