macOS CatalinaのTVアプリの「今すぐ観る」タブと「映画」タブの違い

macOS Catalinaでは新たに映画やテレビ番組などに特化した「TVアプリ」が従来の「iTunesの映画ライブラリ」を置き換える形で追加されたが、少々仕様がややこしいので主に「今すぐ観る」タブと「映画」タブの違いを中心にまとめる。

なお、ここで扱うのはmacOS CatalinaのTVアプリについてだがiOSやiPadOSのTVアプリもmacOS CatalinaのTVアプリと基本的な仕様などは同じ。

「今すぐ観る」と「映画」の違い

iOSやiPadOSのTVアプリにも密かに「今すぐ観る」タブ内の左上に小さく「映画」という項目があるのだがmacOS Catalinaでは目立つ形で画面上部に「映画」タブが表示されている。

一見すると「今すぐ観る」タブと「映画」タブは機能が被っているのだが、細部は若干両者で異なる。

今すぐ観るタブはTV+特化の機能

「今すぐ観る」タブは実質的には11月1日に開始されるAppleの定額制映画・テレビ番組配信サービスである「TV+」に特化した機能だ。

もちろん「今すぐ観る」タブにもTV+以外のコンテンツもあるし、ほぼあらゆる映画をこの画面からレンタル/購入/ダウンロードすることもできるが、基本的にはTV+及びストリーミングでの映画再生を軸としている。

またTV+にはトップページに「Up Next」という項目があり「ライブラリ」や「今すぐ観るタブ」で観た映画のレジューム再生(中断した場所からの再生)機能もある。

なおiOS・iPadOSのTVアプリの場合はAmazon Prime VideoやNetflixなどとも連携し、その映画が他社のストリーミングサービスで配信されている場合は「今すぐ観る」の再生ボタンを押せば他社のストリーミングアプリなどに切り替わる。

この機能はTVアプリで映画をレンタル/購入しようと思った際に既にその映画が他社のサービスで見放題かどうかの確認ができるという点で優れている。

しかしmacOS Catalinaの場合は確認した限り上記のような他社サービスとの連携機能はなかった。

映画タブは従来のiTunes映画ストア

続いては「映画」タブについてだが「映画」タブは簡単に言ってしまえば従来の「iTunesの映画ストア」である。

「映画」タブではTV+の映画や番組の宣伝などは一切行われなず、映画のレジューム再生といった機能もない。

ただ、「映画」タブでは「今すぐ観る」タブより映画を探しやすくなっており、アクションやホラーといった様々なジャンルから映画を探せるし、価格別で映画を検索することもできるため単純に映画を探すという点では「映画」タブの方が若干優れている。

「映画」タブはTV+に加入する意思はないが映画のレンタル/購入はしたいといった人のためのストアといった印象だ。

それぞれのタブで役割は確かに違うが、やはり「映画」タブは「今すぐ観る」タブと被っている部分も複数あるため不要だとは思う(実際にiOSやiPadOSの「映画」タブは前述の通りおまけ的な扱いとなっている)。

購入履歴はどこから観れる?

TVアプリを初めて使う場合に戸惑う人もいるであろう問題点としてTVアプリでは自分のアカウント情報や購入履歴にアクセスするリンクが一切ないことだ。

一見するとアカウント画面がTVアプリでは消えたように思えるがTVアプリを開いた状態でメニューバーのアカウント>マイアカントを表示をクリックすればアカウント情報や購入履歴を表示することが可能。

あるいは単純に以下のリンクにアクセスすると購入履歴が一発で確認可能だ。

CHECK
購入履歴 - Apple

なお、映画の購入履歴へのアクセスはミュージックアプリのiTunes Storeからも可能。

ただしデフォルトのミュージックアプリではiTunes Storeが非表示になっているので環境設定からiTunes Storeを表示する設定にしないと見れない。

上記の設定をすればミュージックアプリのサイドバーにiTunes Storeが表示され、アカウント画面へアクセスすれば購入履歴を閲覧できる。

なお、ミュージックアプリ・TVアプリ双方の購入履歴画面は全く同じ情報を表示しており、映画や音楽だけではなくMac App Storeで購入したアプリなど全ての購入履歴を確認可能。

まとめ

僕は従来のmacOSからiTunesの映画ストアを数年愛用してきたがmacOS CatalinaのTVアプリは少々ややこしすぎる。

ミュージック・TVアプリ双方で全く同じ内容の購入履歴を確認できたり「今すぐ観る」タブと「映画」タブで機能が被っていたりと、iTunesからの分離がまだ完全に成されていないように思える。

ミュージックアプリは従来までのiTunesと比べるとシンプルになって使いやすいのだがTVアプリに関してはまだ洗練されていない印象を受けた。