Mac Safariの進む/戻るのアニメーションをバイパス(無効化)する方法

NOTE
ここではSafariのスワイプアニメーションを無効化する方法を紹介しています。
スワイプ操作自体を無効にしたい方は下記記事をご覧ください。
Mac Safariでスワイプの戻る・進むを無効にする方法

僕はMacではブラウザはSafariをMagic Trackpad 2で使用しているのだが、唯一の不満点としてトラックパッドでの戻る/進むのスワイプアニメーションが遅いというのがある。

今回は戻る/進むのスワイプアニメーションを無効化、というよりはバイパスする方法を見つけたので紹介する。

この方法は海外サイトで見つけたのだが、日本国内では検索した限りあまり知られていないようだ。

あるいはあまりに当たり前のことすぎて単純に僕以外はみんな知っているのか...。

Safariのスワイプ時のアニメーションの遅さ

通常、SafariでMagic Trackpad 2やMacBookのトラックパッドの2本指スワイプ(またはMagic Mouseでの1本指スワイプ)で戻る/進む操作を実行するとページをめくるようなアニメーションが入る。

Safariではページをめくるアニメーションが実行されると、キャッシュからページのイメージ画像を読み込み、それからWebサイトを表示するという非常にまどろっこしいレンダリングをする。

このアニメーションによるWebサイト表示の遅延が僕は地味にイライラするのだ。

Safariのこういった振る舞いはSafariの設定やシステム設定からもオフには出来ないのだが、実は簡単にバイパスする方法が存在する。

ジェスチャ設定を変更してスワイプアニメーションを無効(バイパス)する

このアニメーションをバイパスするには、まずシステム設定から”トラックパッド(Magic Mouseならマウス)”を選び、”その他のジェスチャ”タブを表示する。

一番上の項目に”ページ間をスワイプ”という欄があるが、ここのドロップダウンメニューをクリックして”2本指で左右にスクロール”から”3本指でスワイプ”に変更する。

Magic Mouseなら”1本指で左右にスクロール”から”2本指で左右にスワイプ”に変更する。

これだけである。

この設定をすると、2本指から3本指(Magic Mouseなら1本指から2本指)に癖を直す必要はあるが、3本指(Magic Mouseなら2本指)でのスワイプではアニメーションが無効になり瞬時にページが切り替わるようになる。

注意点

注意点として、2本指(Magic Mouseなら1本指)スワイプと違い3本指(2本指)スワイプでの戻る/進むはスワイプする方向が逆になる。

戻る場合は3本指(2本指)で左にスワイプ・進む場合は右にスワイプになるため、今までの2本指(1本指)スワイプに慣れている場合は慣れるのに多少の時間を要するかもしれない。

ただ、一度慣れてしまえばSafariのスワイプ操作が非常に快適になるのは間違いないのでおすすめだ。

まとめ

この方法は海外ユーザーの間では知られたテクニックらしいのだが、こんなに簡単にアニメーションをバイパスする方法が存在するとは僕は今の今まで全く知らなかった。

というよりなぜAppleはこのSafariのスワイプアニメーションの無効設定を用意しないのだろうか。

調べてみるとこの仕様は随分前のバージョンのSafariから変わっていないらしいのだが、戻る/進むのスワイプ操作でいちいちまどろっこしいアニメーションが入るのは問題だと思う。

Appleには是非とも将来のアップデートでアニメーションをオフにする設定を用意してほしい。