トラックパッドで腱鞘炎になった話

WordPressを始めてから最初の2週間はずっとCSSやPHPのコードを触っていた他、長文記事も書いてきたわけだが、それらの作業が一段落した時、不意に人差し指に痛みを感じ、病院に行ったところ腱鞘炎か関節炎であると診断された。

Macを使い出して3年以上経つが、その間私はずっとApple純正のトラックパッドであるMagic Trackpad 2を使い続けてきた。

というのもこのMagic Trackpad 2はマウスより遥かに多機能で、平らな場所さえあればいいので設置場所も選ばず、マウスパッドも不要な他、トラックパッドを押し込むことで画像やリンクのプレビューも出来て大変重宝していたのだ。

ただ、今回の件でトラックパッドはマウス以上に指を酷使する、ということがわかった。

前述したトラックパッドの押し込み機能もトラックパッドを強く押す動作が必要なので、当然のことながら指に負荷がかかるし、ポインタの移動も手首の動きでマウスを物理的に移動させるのとは違い、トラックパッドは指をスライドさせるため、知らず知らずに人差し指を使いすぎてしまっていたのだ。

結果としてWordPressでのコーディングやPhotoshopでの画像加工を長時間トラックパッドで行なったために腱鞘炎(関節炎)になってしまったわけだ。

無論今回の件でトラックパッドの使用をやめるかと言えばそんなことはない。

たとえ指に負荷がかかるとしても、macOSの環境においてトラックパッドは最強だ。

Mission Control、デスクトップ表示、スワイプで通知センター表示、プレビューなど、マウスでは不可能なジェスチャが多くあり、最早私はこのトラックパッドの機能なしでは生きられない。

とはいえ、腱鞘炎は痛みがある状態のまま酷使すると、最終的には手術が必要になるほど悪化してしまうらしいので、当分はトラックパッドの操作は中指ですることになりそうだ。

自宅での作業でこれなのだから、毎日デスクで長時間の作業をするエンジニアの人などはもっと過酷だろう。頭が下がる思いだ。

なんにしろトラックパッドをメインで使用するユーザーの方は利き手の指の腱鞘炎に気をつけてほしい。