本家より便利。Touch Bar非搭載MacでもTouch Barを使えるTouch Bar Simulator

現在のところTouch BarはMacBook Proにしか搭載されておらず、Touch Bar搭載のMagic Keyboardなども存在しない。

ここではTouch Bar非搭載のMacにもTouch Barを仮想的に追加する「Touch Bar Simulator」という無料アプリを紹介する。

基本的にはTouch Barの機能をそっくりそのまま移植したアプリではあるが、使ってみるとMBP搭載のTouch Barより便利だ。

Touch Bar Simulatorの概要

Touch Bar Simulatorは元Googleエンジニアにより開発されているオープンソースの無料アプリであり、前述のようにMBP搭載のTouch Barの機能をほぼ全て模倣している他、Dockのように自動的に非表示にしたり、スクリーンの上下に固定させておく表示も可能だ。

なお、これはTouch Bar搭載MBPでもそうだが、Touch Bar Simulatorを導入すると「fnキー」のリマップが通常の方法ではできなくなるため注意が必要だ。

「fnキー」のリマップを可能にするワークアラウンドは下記記事を参照して頂きたい。

Touch Bar付きMacBook Proでfnキーを他のキーにリマップする方法

Touch Bar Simulatorの使い方

ダウンロードからインストールまで

公式サイトからダウンロードして起動すると上記画像のような警告が出るので「Finderに表示」をクリック。

Touch Bar Simulatorを右クリックして「開く」をクリック。

再び警告ウィンドウが出るが新たに「開く」というボタンが表示されるのでクリックして起動する。

「アクセシビリティへのアクセスが必要」というウィンドウが出るのでシステム環境設定の「セキュリティとプライバシー」の設定を開こう。

「セキュリティとプライバシー」の設定画面を開いたら「プライバシー」のタブで左パネルから「アクセシビリティ」をクリックして「+」ボタンをクリック。

アプリケーション選択画面が出るので「Touch Bar Simulator」を選択して「開く」をクリック。

画像のように「下のアプリケーションにコンピュータの制御を許可」という欄に「Touch Bar Simulator.app」が追加されチェックが付いていれば完了。

Touch Bar Simulatorの画面に戻り「Continue」をクリックすればTouch Bar Simulatorが起動する。

設定

Touch Bar Simulatorを起動すると正にMacBook Proに搭載されているTouch Barの画面がフローティングウィンドウとして表示される。

まずはメニューバーのアイコンをクリックして設定画面を開いてみよう。

「Docking」の項目では「Floating(フローティング表示)」「Docked to Top(画面上端に固定)」「Docked to Bottom(画面下端に固定)」などの位置の設定や透明度も指定できる。

また、「Hide and Show Automatically」にチェックを付ければmacOSのDockのように画面上端または下端にポインタを移動させると自動的にTouch Bar Simulatorを表示/非表示にすることが可能だ。

Macの起動時にTouch Bar Simulatorを起動したい場合は「Launch at Login」にチェックを付けよう。

使い方

基本的な使い方はMBPのTouch Barと全く同じであるため、Touch Barを使ったことのある人なら操作は簡単であり、また、Touch Barの再現度にも驚くはずだ。

また、Touch Bar Simulatorを導入するとシステム環境設定の「キーボード」の設定で「Control Strip」のカスタマイズが可能だ。

Touch Bar Simulatorの機能をカスタマイズしたい場合は「Control Stripをカスタマイズ」をクリックしてカスタマイズ画面を表示させよう。

上記の画面が表示されるのでControl Strip(Touch Bar右端の4つのアイコン及び展開後の状態)に好きな項目を自由に設定可能だ。

MBPと同じく機能をControl Stripに追加したり削除するには項目をドラッグアンドドロップするが、このドラッグアンドドロップはTouch Bar Simulatorの表示位置に関わらず「画面下端へのドラッグ」なので注意しよう。

おすすめの設定はTouch Barカスタマイズの記事でも書いたがスクリーンショットや入力ソースなど、キーボードショートカットではキーを同時押ししなければできない、通常の方法では実行が面倒な操作を割り当てることだ。

Touch Barを使いやすくカスタマイズ

これにより、例えばスクリーンショットを撮るならわざわざCommand+Shift+5キーを同時押ししたりスクリーンショットアプリを起動しなくても、マウスやトラックパッドの操作だけでスクリーンショットのキャプチャが可能になる。

Touch Bar Simulatorは冒頭でも書いた通り、指や腕を伸ばす必要があるMBP搭載の本家Touch Barよりむしろ操作が楽なので頻繁に利用する項目をControl Stripに登録しておくと格段に便利になるはずだ。

まとめ

さすがに元Googleのエンジニアが開発しているとだけあってこのTouch Bar Simulatorは完成度・再現度共に非常に高く、実際のMBPのTouch Barと比べても遜色ないほどだ。

Touch BarはMBPユーザーの間ではあまり評判がよくなく、実際に僕もサブで使用しているMBPのTouch Barはあまり使っていないが、このTouch Bar Simulatorは前述の通りMBPのTouch Barより便利な面があるのでTouch Barに興味がある人や様々なアクションをマウスやトラックパッドだけで完結させたいという人は導入してみるといいだろう。