Touch BarにDockを表示する無料アプリ「Pock」

MacBook ProのTouch BarにDockを表示することができる無料アプリ「Pock」を紹介しよう。

Touch Barは正直言って一部のアプリを除いてあまり使う機会もなく、人によっては無用の長物と化してしまうが、本アプリでTouch BarにDockを表示させ、MacBook Proの画面のDock本体を非表示にすることでDockを常に表示させる設定と比べるとDockが占有していたスペースを有効活用することができる。

Dockの自動非表示でもスペースの節約にはなるが、再度表示させた場合にアプリケーションにDockがオーバーラップするというデメリットもある他、本アプリではアプリケーションのインジケータも表示されるため、Touch Barで今開いているアプリケーションを常に確認することも可能だ。

Pockの紹介と使い方

1. Pockをダウンロードしよう

まず上記ボタンから公式サイトに飛んで「DOWNLOAD」をクリックして「Pock」をダウンロードしてアプリケーションフォルダに入れよう。

2. Pockにアクセス許可を与えよう

「Pock」はMacBook ProのTouch Barの制御を乗っ取る形になるため、初回起動時だけではあるが、何らかの操作を行うと頻繁にアクセス許可を求められるのでその際はシステム環境設定の「プライバシー」からその都度アクセス許可を与えよう。

一度アクセス許可を与えれば以降は表示されなくなる。

3. Pockを使ってみよう

「Pock」を起動するとTouch Barの制御が「Pock」に移り、Touch Barに上記画像のようにDockが表示されるはずだ。

各アプリケーションをタッチするとアプリケーションの起動が可能な他、複数のウィンドウが開いているアプリケーションをタッチするとウィンドウがTouch Bar上に一覧表示される。

4. Pockの設定をしよう

メニューバーの「Pock」のアイコンをクリックして「Preferences」をクリックすると「Pock」の設定が可能だ。

Mac起動時に「Pock」を自動起動させたい場合は「Launch at login」にチェックを付けよう。

他にも設定画面からは「Control Stripの表示/非表示」や「Dockのバッジの更新回数」など多様な設定が可能だ。

また、「Dock Widget」の項目では「Opens Finder and directories inside Pock」はオンになっているとFinderで複数のウィンドウを開いている場合、ゴチャゴチャした表示になるためオフにしておくことをお勧めする。

このアプリの素晴らしいところは上記のように設定が非常に豊富でDockをTouch Barに表示できるだけではなく、通常のTouch Barの動作を拡張できるということにある。

5. カスタマイズしてみよう

また、メニューバーのアイコンの「Customize」をクリックすると「Pock」独自のカスタマイズが可能になり、Control Stripや日付、Now Playing、バッテリー情報などをTouch Barに表示することも可能だ。

Touch Barに表示する項目を選択する際は通常のTouch Barのカスタマイズと同じく項目をTouch Barにドラッグしよう。

「Pock」のカスタマイズを行うことで上記のように通常はTouch Barに表示出来ない項目も常時表示させることができる。

6. オリジナルのDockを非表示にしよう

「Pock」に全てのDockの機能を丸投げするのであれば冒頭で書いたようにmacOSの画面のオリジナルのDockは非表示にすることでスペースの節約になる。

Dockを非表示にする場合はシステム環境設定の「Dock」から「Dockを自動的に表示/非表示」にチェックを付けよう。

注意点。日本語入力環境とは相性が悪い

本アプリの欠点として海外で開発されたアプリであるため、日本語入力環境などは考慮されておらず、Touch Barに変換候補が表示されないという問題がある。

そのため、例えば入力した文字を全てカタカナに変換するといった場合には一度キーボードのfnキーを押してファンクションキーを表示させる必要がある。

大した手間ではないがこのアプリはTouch Barの制御をほぼ全て乗っ取るため、Touch Barに変換候補が表示されなくなるということは覚えておこう。

まとめ

今まで色々なTouch Bar関連のアプリを使ってきたが本アプリはその中でも最も完成度が高く、有用な部類であると思う。

Touch Barがトラックパッドから遠くなるため手を伸ばすという動作が面倒と感じる点がネックだが、今のところ本アプリを2週間ほど使用し続けており重宝している。

バージョンが2020年9月時点で0.7.2ということで、今後もアップデートが続くと思うが現時点でもとても完成度が高いアプリだ。

Touch BarにDockを表示することで前述のようにDockが占有していたスペースを節約できるため、大してTouch Barを使っていなかった人は一度導入してみるといいだろう。