MacのSplit View機能を無効化する方法

macOS MojaveからiPadのようにフルスクリーン化したアプリケーションを同一の画面内に同時に表示する「Split View」という機能が追加された。

macOS Mojave以降で利用可能なSplit View

しかし、僕はアプリケーションをフルスクリーン化して使用することはなく、Split View機能が有効だと稀にアクシデントでアプリがSplit Viewになってしまうことがある。

ここではmacOS Mojave以降のSplit Viewを無効化する方法をまとめる。

Split View無効化手順

システム環境設定のMission Controlで個別操作スペースをオフにする

まずはシステム環境設定を開く。

「Mission Control」をクリック。

「ディスプレイごとに個別の操作スペース」のチェックをオフにすると「ログアウトが必要」という表示が出るので一度ログアウトしてからログインし直す。

以上でSplit Viewが無効になる。

なお、macOS Catalinaではウィンドウの最大化ボタンにポインタを合わせるとSplit Viewのオプションがポップアップ表示されるようになったが、上記手順でSplit Viewを無効にするとポップアップは表示されるもののタイル表示(Split View)にしようとしても無反応になる。

Split Viewのオプションを非表示にする

前述の通りSplit Viewが無効になってもmacOS Catalinaではウィンドウの最大化ボタンにポインタを合わせると依然として「タイル表示(Split View)」のオプションが表示されるため、Split Viewを無効にしたのならウィンドウの最大化ボタンのポップアップメニューも無効にしよう。

なお、macOS CatalinaのSidecar機能を利用している場合は「〜のiPadに移動」というオプションも表示されなくなるため、Sidecarを利用している場合は注意しよう。

macOS Catalinaのウィンドウの最大化ボタンにポインタを合わせた際のポップアップメニューを無効にするには下記のコマンドをターミナルに貼り付けエンターキーを押して実行する。

defaults write -g NSZoomButtonShowMenu -bool NO; killall Finder

このコマンドによりウィンドウ最大化ボタンのポップアップメニューが無効になるが、既に開いているアプリケーションには適用されないため、一度ログアウトするか、今開いているアプリケーションを全て終了させ起動し直そう。

ポインタを合わせてもポップアッップが表示されなくなる

以降はポップアップメニューはどのアプリケーションでも無効になるはずだ。

元に戻すには下記コマンドを実行してログインし直すか再度アプリケーションを起動し直す。

defaults write -g NSZoomButtonShowMenu -bool YES; killall Finder

まとめ

個人的にはSplit View(Split Screen)はiPadなどのタブレットでは効果的だが、Macのような高度なマルチタスクを行う環境ではあまりメリットがないため不要であると考えている。

MacのSplit Viewを使用していないのなら「誤ってSplit Viewになってしまう」というアクシデントを防止する面でも上記の方法を試してみるといいだろう。