SidecarはどれだけMacのGPUパフォーマンスに影響を与えるか?

macOS CatalinaではiPadをワイヤレスでサブディスプレイ化できる”Sidecar”という機能が有名であるが、Sidecarを使用するとどれだけMacのパフォーマンスに影響が出るのかベンチマークをしてみた。

テスト環境

テストに使用した環境は以下の通り。

使用Mac
Mac mini 2018 Core i7 6コア12スレッド・メモリ32GB

macOS
macOS Catalina 10.15

eGPU
Blackmagic eGPU(Radeon Pro 580)

使用モニター
LG 27UK650-W(4K HDRモニター)

擬似解像度
3008x1692

接続先iPad
iPad Air 第3世代(A12 Bionicチップ)

Sidecar有効・無効の比較ベンチマーク

早速本題のベンチマークに入ろう。

なお、ベンチマークにあたってはSidecarの接続にはiPad Air 第3世代を使用し、実使用に近い環境を作り出すためにiPad Airの画面側でPhotoshopを起動している。

ベンチマークにあたってはあえて負荷を与えるためiPad側でPhotoshopを起動

またCPUベンチマークについては複数のベンチを走らせてみたがSidecar利用の有無によるパフォーマンス変化はCPUベンチマークには一切現れなかったため、GPUベンチマークのみとなる。

Geekbench 5 Metal

Geekbench 5ではSidecarを有効にするとおよそ8000もスコアが低下。

Cinebench R15 OpenGL

同様にCinebench R15 OpenGLでも10fps以上フレームレートが低下。

Unigine Heaven

Mac版Unigine Heavenをフルスクリーンで実行した結果、意外なことにSidecar利用の有無によるパフォーマンスへの影響はほぼない。

最低FPS(Min FPS)はSidecar有効時だと下がっているが総合的なパフォーマンスは同じだ。

Parallels Desktop 15 Unigine Heaven(Windows)

続いてはParallels Desktop 15上のWindows 10でUnigine Heavenを実行した結果。

こちらもMac版Unigine Heavenと同様でSidecarの利用によるパフォーマンスへの影響はほぼ見られず無視できるレベル。

Mac版と同じく最低FPSは下がっているがGeekbenchやCinebenchと比べるとその低下率は低い。

なおMac版よりParallels Desktop上のUnigine Heavenのスコアが高いのは実行したWindows 10の解像度がMacでのテスト時より低いためである。

所感と推測

4種類のベンチマークソフト/環境でそれぞれSidecar有効・無効状態のベンチマークを取ってみたが、Geekbench 5やCinebench R15のようなウィンドウモード及びレンダリング解像度があらかじめ決まっているベンチマークではSidecarを使用するとGPUパフォーマンスが著しく落ちる。

これは数値だけの問題ではなく、実際にSidecarをオンにしているとPhotoshopなどでマウスポインタが明らかに動きが遅くMac(GPU)が悲鳴を上げているかのようだった。

ただし、Unigine Heavenのようにフルスクリーン前提で、なおかつレンダリング解像度が擬似解像度やモニターの解像度によって可変するベンチマークではSidecarの利用によるパフォーマンス低下はParallels Desktopなどの仮想環境でもほぼ無視できるレベル。

まとめ

今回テストした結果を簡潔にまとめる。

  • CPUについてはどのCPUベンチマークであってもSidecarの利用によるパフォーマンス低下はなし
  • GPUパフォーマンスはSidecarの利用により体感できるレベルで落ちる
  • フルスクリーンでレンダリングするようなソフトウェアの場合はSidecarの利用によるパフォーマンスへの影響はほぼなく、無視できるレベル

基本的にはSidecarの利用は「GPUへの負荷が高まる」という認識でよいと思う。

もっとも僕のMacは擬似解像度が高いため、元々Macへの負荷が高い状態であり一般的な1920x1080や2560x1440程度の擬似解像度であれば問題ない負荷ではある。

ただ、非力なGPUではSidecarを使用してApple Pencilでイラストを描くといった作業は厳しいと思われる。