Sidecar利用時の注意点・制限事項

macOS Catalinaでよく注目される機能としてiPadをワイヤレスでMacのサブディスプレイとして扱うことができる「Sidecar」がある。

しかしSidecarには一定の制限や注意点があるため、ここではSidecar利用時に意識しておきたい点をまとめる。

Sidecar利用時の制限・注意点

対応するiPadとMacは限られる

まずSidecarの利用にはmacOS Catalinaを搭載したMacとApple Pencilに対応したiPadが必要である。

Sidecarを利用できるiPadは以下の通り。

  • iPad 第6世代以降
  • iPad Air 第3世代
  • iPad mini 第5世代
  • iPad Pro

なおApple Pencil自体は必須ではない(実際にApple Pencilのペアリングを解除してもSidecarは動作した)。

また、MacにおいてもSidecarを利用できるMacは以下のみ。

  • iMac(Late 2016以降)及びiMac 27-inch Retina 5K Late 2015
  • MacBook Pro (2016以降)
  • Mac mini (2018以降)
  • 新型Mac Pro (2019)
  • MacBook Air (2018以降)
  • MacBook (2016以降)

HDCP保護コンテンツは映像が表示されなくなる

Sidecar利用時はAmazon Prime VideoやiTunesの映画などのHDCP(暗号化による著作権管理技術)で保護されたコンテンツはMac上・iPad上どちらの画面でも映像が真っ暗になり鑑賞はできない(音声は聞こえる)。

スクリーンショットは元々HDCPで保護されたコンテンツは同様に真っ暗になるため、スクリーンショットをここに載せる意義は薄いのだが正に上記スクリーンショットのようにSidecar利用時はHDCP保護コンテンツは画面が真っ暗になってしまう。

YouTubeなどのHDCPで保護されていないコンテンツなら問題ないがiPadをサブディスプレイにしてiTunesやAmazon Prime Videのコンテンツをながら見するといったことは実質不可能。

ワイヤレス接続の場合Wi-Fi・Handoff・Bluetoothをオンにしないと機能しない

Sidecarはワイヤレス接続の場合、iPad・Mac双方でWi-Fi・Handoff・Bluetoothがオンになっていないと利用できない。

Mac mini 2018やiMacなどでイーサネットポートを使用し、普段はWi-Fiを切っている場合はWi-Fiを有効にするかLightningやUSB-Cケーブルで有線接続する必要がある。

なお、イーサネットポートとWi-Fiの同時利用は可能なのでこれは特に問題となる制限ではないが、Mac mini 2018などのWi-FiやBluetoothの信号が不安定な機器で普段はWi-Fiを切っている人はワイヤレス接続ではなくケーブル接続を強いられるかもしれない。

Apple Pencilはあったほうがいい

Sidecar対応iPadを持っていてもApple Pencilは持っていないという人も多いと思うのだが、Sidecarを利用する上ではApple Pencilを利用すると快適度が全く違う。

Sidecar利用時のiPadの画面は基本的にL字型の領域以外、基本的には指でのタッチには反応せず、Apple Pencilによるタップのみが有効となる。

通知センターやコントロールセンターの表示、ジェスチャー、画面のスクロールなどiPadOS由来の機能は使用可能だが基本としてはApple Pencilがマウスポインタの機能を代替し、指でのタッチは一部に限られるという認識でいい。

Apple Pencilを利用しない場合、MacのメインディスプレイとiPadの間で頻繁にマウスポインタを移動させる必要がありMacのメインディスプレイの解像度が高いとそれだけ移動距離も増える。

Apple Pencilを利用すれば直接iPad側のメニューバーやウィンドウのタップ・ドラッグなどが可能なため、ほとんどの操作がApple Pencilで完結する。

個人的な意見としてはSidecarを利用する場合Apple Pencilは必須であるように思う。

ソフトウェアキーポードであればiPadのデスクトップ画面と被っていてもタッチ可能

例外としてソフトウェアキーポードはL字以外の領域内でもタッチ可能。

Split Viewは利用不可

Sidecar利用時でも画面右端からスワイプすればSlide Overのアプリケーションは表示可能だが、この状態からSplit View(アプリの画面分割)機能は利用できない。

iPad側のデスクトップ画面は解像度が固定されて常に全画面で表示される。

また、この状態でiPadを縦向きにしてもデスクトップ画面もSlide Overのアプリもランドスケープ(横向き)状態のままになる。

まとめ

Sidecarは非常に魅力的な機能でワイヤレスでの接続でも通信は安定しており、遅延もほぼ感じられない。

ただ、使用前、そして実際に使用する上でも様々な制限も存在するため注意してほしい。

特にApple Pencilに関してはSidecarをバリバリ利用する場合、例え普段イラスト作成や手書きメモなどを利用しないとしても購入した方が利便性は上がるだろう。