コメントブロックブラウザ拡張機能はShut Up:Comment Blockerがおすすめ

NOTE
本機能拡張は現在開発者の方がSafari 13への対応作業中であることをアナウンスしており、現在はApp Storeから削除されているため利用はできません。


本アプリに代わる代替拡張機能を紹介していますので、詳しくは下記記事をご覧ください。

1BlockerでMac SafariのYouTubeコメントなどを非表示にする方法

YouTubeなどのサイトを見ていて「動画を見たいだけなのにコメントが目障り」、「不快なコメントは読みたくないし、目にも入れたくない」という人は少なくないだろう。

僕自身もYouTubeはそもそもコメント機能自体が必要ないと思っているくらいだ。

そういう人におすすめしたいのがShut Up:Comment Blockerというサイトコメントを非表示にするブラウザ拡張機能。

Google Chrome版

Safari版

Firefox版

Shut Up:Comment Blockerのおすすめポイント

  • Chrome、Firefox、Safariなどメジャーなブラウザを幅広くサポート
  • たまにコメントを見たい時などは1クリックでコメントを表示させることも可能
  • YouTube以外にもTwitchなど主要なサイトに対応
  • 個々のサイトでコメントのオン/オフ状態を記憶してくれる
  • 面倒な設定が必要ない
  • 完全無料であり、広告などもなし

拡張機能をインストールすると吹き出しのアイコンがブラウザの拡張機能欄に表示されるが、このボタンをオンオフすることで簡単にコメントの表示/再表示が可能だ。

更にこの拡張機能は個々のサイトのコメントの表示/非表示を記憶してくれるため、吹き出しアイコンをクリックすることでコメントを見たいサイトはコメントを表示、見たくないサイトは永遠にコメントを非表示にするといったように、サイトによってコメント表示の使い分けが出来る。

僕は今までに様々なコメントブロック拡張機能を試してきたが、Shut Up:Comment Blockerほどシンプルで、多くのブラウザに対応し、コメントの表示/再表示がワンクリックで出来る多機能な拡張機能を他に知らない。

特にSafariは拡張機能がChromeやFirefoxほど充実していないので、Safari版があるというのも嬉しいポイント。

ネットの世界は有益なコメントもあれば、目を疑うような憎悪に満ちたコメントもたくさんある。

精神衛生のためにもこういった拡張機能で自己防衛をすることが大切だと思う。