SafariでYouTubeコメントなどを非表示にするShut Up機能拡張

MacでYouTubeやYahoo!などのサイトでコメントをオフにするなら「Shut Up」という機能拡張がお勧めだ。

Shut Upのおすすめポイント
  • Chrome、Firefox、Safariなどメジャーなブラウザを幅広くサポート
  • たまにコメントを見たい時などは1クリックでコメントを表示させることも可能
  • YouTube以外にもあらゆるサイトでコメントをオフにすることが可能
  • 面倒な設定が必要ない
  • 完全無料であり、広告などもなし

ちなみに既にAdGuardなどの広告ブロッカーを利用しているなら、下記記事の方法でもYouTubeなどのコメントの非表示が可能だ。

AdGuardでMacブラウザなどからYouTubeコメント/チャットを非表示にする方法

インストール

Google ChromeやFirefox版は拡張機能をインストールするだけでいいが、Safari版はアプリという形で導入する必要がある。

Shut Upを起動したら「Get Started」をクリック。

「Shut Up Helper」の項目で「Enable」をクリックする。

これによりSafari上にコメントの「表示/非表示」のボタンが表示される。

Safari機能拡張の画面に移動したら「Shut Up Helper」にチェックを付け、警告ウィンドウの「オンにする」をクリック。

以上でインストールは完了だ。

使い方

ホワイトリスト機能

インストールが終わるとShut Upのメイン画面が出るが、ここの右側はいわゆる「ホワイトリスト」であり、コメントを非表示にしたくない(コメントを表示したい)Webサイトがある場合はそのWebサイトのドメインを入力する(yahoo.co.jpなど)。

ホワイトリストへのドメインの入力が終わったらこのウィンドウは閉じても構わない。

コメントの切り替えボタン

改めてSafariを見てみるとアドレスバーの横に上記画像のような吹き出しアイコンが表示されているはずだ。

このアイコンをクリックすることでWebサイトのコメントの表示/非表示の切り替えが可能だ。

Shut Upをインストールするとデフォルトでは上記画像のようにYouTubeなどでコメントが非表示になるが、アイコンをクリックして切り替えるとコメントを表示することができる。

ワンクリックでコメントの表示の切り替えができるのは便利だ。

まとめ

Safariは拡張機能がChromeやFirefoxほど充実していないのでコメントを非表示にする機能拡張は非常にありがたい。

ネットの世界は有益なコメントもあれば、目を疑うような憎悪に満ちたコメントもたくさんある。

精神衛生のためにもこういった拡張機能で自己防衛をすることが大切だと思う。