Mac Safariで開いているタブのWebサイト名とURLをコピーする方法

Safariはタブを右クリックしてもWebサイト名やURLをコピーする項目がない

MacのSafariには残念ながら「現在開いているタブのWebサイト名やURL」をコピーするといった機能がない。

ここではAutomatorを使用してサードパーティーアプリなどを使用せずにSafariで現在開いているタブのWebサイト名とURLをクリップボードにコピーする方法を紹介する。

SafariのWebサイト名・URLをコピーする手順

Automatorでクイックアクションを作る

まずmacOSにデフォルトでインストールされている「Automator」を起動しよう。

「新規書類」をクリックして上記の画面になったら「クイックアクション」を選択。

まず画面中央上部にある「ワークフローが受け取る項目」を「入力なし①」に設定。

続いて左パネルから「AppleScriptを実行②」をダブルクリックしてワークフロー作成画面にコード入力画面を表示させる。

「Your script goes here」の一文を削除して以下のコードを貼り付ける。

tell application "Safari"
  set theURL to URL of front document
  set theTitle to name of front document
  set the clipboard to theTitle & return & theURL as string
end tell

コードを入力したら「再生ボタン」をクリック。

エラーなどが出なければメニューバーの「ファイル」から保存をクリックして適当な名前を付けて保存する。

ここでは「Copy-Title-URL」という名前で保存した。

アクセスシビリティにAutomatorを追加してチェックする

続いて「システム環境設定」の「セキュリティとプライバシー」を開いて「プライバシー」タブの「アクセシビリティ」をクリックして「+」ボタンから「Automator」を追加してチェックを付ける。

キーボードショートカットにAutomatorのワークフローを割り当てる

続いて「システム環境設定」の「キーボード」を開いて「ショートカットタブ」に移動する。

ショートカットタブの左パネルで「サービス」を選択しウィンドウを下までスクロールして先ほどAutomatorで作成したクイックアクション(ここではCopy-Title-URL)を選択してショートカットを設定する。

ここではOption+Cキーに割り当てているが、このショートカットの割り当てはお好みで構わない。

Safariでタブを開いてショートカットを実行する

こんな感じでWebサイト名とURLがコピーされたら成功

SafariでWebサイト名とURLをコピーしたいタブを開いて先ほど設定したショートカットキーを押して無事にWebサイト名とURLがコピーされれば作業は完了。

たまに正常に動作しないことがあるが、その場合はメニューバーの「Safari」を一回クリックしてみよう。

このショートカットを実行すると必ずメニューバーの「Safari」が一回点滅するため、それがショートカットが実行されたことの合図となる。

ショートカットを割り当てなくてもコピーが可能

なお、ショートカットキーを割り当てなくてもメニューバーの「Safari」をクリックして「サービス」から今回追加したクイックアクションを実行すればWebサイト名とタイトルをコピー可能だ。

まとめ

SafariでWebサイト名とURLをコピーする方法はSafariの機能拡張などでも出来るかもしれないが、上記でまとめた方法であれば機能拡張やサードパーティーアプリを使用せずともWebサイト名とURLのコピーが可能になるため、特にタブを沢山開いていたり、シェアしたいWebサイトがある場合は重宝するだろう。