Macアプリを開いた際の警告ウィンドウをオフにする方法

macOSは年々セキュリティが厳しくなっており、ダウンロードしたアプリを開いた際に上記のような「開発元を検証できないため〜」「開発元を検証できません」などと警告が表示されるのはMacユーザーなら誰もが経験しただろう。

もちろんアプリを右クリック(またはControl+クリック)で開けばアプリを開くことは可能であり、一度アプリを開けたのなら以降はアプリの更新や再インストールなどが行われない限り警告は表示されなくなる。

しかしアプリによっては起動や操作の実行のたびに警告ウィンドウが表示される場合があったり、複数のアプリを開きたい場合にいちいち右クリックして開くのが面倒ということもあるだろう。

この警告表示をOSレベルでオフにする方法はなく、仮に方法があったとしてもMacのセキュリティが一段と下がるため、ここではターミナルコマンドを使用してアプリの「quarantine拡張属性」を手動で削除し、特定アプリの警告ウィンドウを無効化する方法を紹介する。

なお、通常は前述の通りアプリを一度開くとターミナルを使用せずとも自動的にquarantine拡張属性が削除される。

注意点としてquarantine拡張属性の削除はアプリを右クリックで開く時と同様「そのアプリが100%安全である」と判断できた場合にのみ行ったほうがよい。

アプリケーションの警告ウィンドウを無効化する方法

まず下記コマンドをターミナルに入力する(まだ実行はしない)。

xattr -dr com.apple.quarantine

コマンドを入力したら警告ウィンドウをオフにしたい(quarantine拡張属性を削除したい)ファイルやアプリをターミナル画面にドラッグアンドドロップする。

複数のファイルやアプリのquarantine拡張属性を削除したい場合はまとめてドラッグアンドドロップしてもいい。

ファイルやアプリをドラッグアンドドロップすると上記画像のようにターミナルに自動的にファイルやアプリへのパスが入力される。

なお、「com.apple.quarantine」という文字列とファイルへのパスの間には半角スペースが入っている必要があるので注意しよう。

パスが入力されたらエンターキーを押してコマンドを実行する。

処理が始まるとターミナルの画面に「No such file」というエラーが出ることがあるがquarantine拡張属性の削除は正常に行われているため気にしなくていい。

コマンドの処理が終われば以降、そのアプリでは警告ウィンドウが一切表示されなくなるはずだ。

拡張属性の復元は基本的にはできない

前述の操作で拡張属性が取り除かれたが、基本的にはこの拡張属性は復元できない。

下記のようなquarantine拡張属性を書き込むコマンド自体はある。

xattr -w com.apple.quarantine

しかし削除した拡張属性のメタデータをバックアップしていたり、あるいは自分でそのアプリの拡張属性を手動でチェックしない限り、再度quarantine拡張属性を書き込むことはできない。

基本的には再度そのアプリで警告ウィンドウを表示させるように戻すことはできないと思っておこう。

まとめ

以上、特定アプリの警告ウィンドウを無効にする方法を紹介した。

基本的には冒頭でも書いた通りアプリを右クリックするなどして一度開いたのなら自動的に拡張属性は削除され、以降は問題なく開ける。

ただ、一度アプリを開いたのにも関わらず警告が出る場合やまとめて複数のファイルやアプリの警告をオフにしたい場合は上記のターミナルコマンドによる方法を試してみるといいだろう。

なお、ダウンロードしたファイルやアプリのquarantine拡張属性を自動的に削除する方法もあるがmacOSのセキュリティの意味がなくなり危険すぎるため、ここでは紹介しないのでご了承願いたい。