リカバリーモード(macOS復元)に入れない?キーボードを使わずにリカバリーモードで起動する方法(Intel Macのみ)

NOTE
本記事の方法はApple Silicon Macでは無効です。

本記事ではIntel MacでCommand+Rキーなどを一切使わずにターミナルのコマンドでリカバリーモード(通常リカバリーモード及びインターネットリカバリーモード)を起動する方法を紹介する。

本記事の方法の有効性はmacOS Catalina&macOS Big Surで管理人が実際に確認済み。

リカバリーモード・インターネットリカバリーモードで起動するためのターミナルコマンド

リカバリーモード

下記のコマンドをターミナルで実行すれば実行した瞬間にMacが再起動し自動的にリカバリーモードで起動する(再起動をあとで手動で行いたい場合は「sudo reboot」というコマンドは入力しなくてもいい)。

sudo nvram internet-recovery-mode=RecoveryModeDisk
sudo reboot

パスワードの入力を求められたら管理者パスワードを入力してエンターキー(パスワードのタイプ中はターミナル上では何も表示されないので慎重にパスワードを入力しよう)。

パスワードを入力してエンターキーを押した瞬間にMacが再起動し、キーボードを触らなくてもリカバリーモードが自動的に起動するはずだ。

もしmacOS Mojave以前を使用していたり上記コマンドで効果がなかった場合は下記コマンドを実行。

sudo nvram "recovery-boot-mode=unused"
sudo reboot

インターネットリカバリーモード

下記コマンドを実行すれば自動的にインターネットリカバリーモードで起動する(再起動をあとで手動で行いたい場合は「sudo reboot」というコマンドは入力しなくてもいい)。

sudo nvram internet-recovery-mode=RecoveryModeNetwork
sudo reboot

パスワードの入力を求められたら管理者パスワードを入力してエンターキー。

コマンドを実行した瞬間にMacが再起動し、キーボードを触らなくても自動的にインターネットリカバリーモードが起動する。

コマンドの効果は一度限りなので次回再起動は通常起動

上記のコマンドは一回限りのコマンドであり、特別な操作をしなくてもリカバリーモードでの作業が終わったなら、あとは普通に再起動すれば通常のmacOSが起動する。

先ほどのコマンドを実行したからといってMacの再起動が常にリカバリーモードで行われてしまうという心配はない。

正常にリカバリーモードに移行しなかった場合の万が一のコマンド

先ほどのコマンドで、もしリカバリーモードの起動に失敗したり問題が発生した場合はCommand+Option+P+Rキーを押しながらMacを起動してNVRAMをリセットしよう。

先ほどのコマンドを実行したからといってトラブルが起きる可能性は極めて低いが、万が一トラブルが起きてもNVRAMをリセットすれば正常な状態に戻る。

まとめ

Appleサポートではリカバリーモードに入る方法はキーボードを使用した方法しか解説されていないため、この方法はあまり有名ではないがキーボードを使用してのリカバリーモードの起動が何度も失敗する場合は今回紹介した方法が役に立つだろう。

なお、ターミナルコマンドで他のモードを起動するには下記記事もご参照頂きたい。

キーボードを使わずにスタートアップマネージャーを表示する方法(Intel Macのみ) キーボードを使わずにハードウェア診断を起動する方法(Intel Macのみ)