リカバリーモード(macOS復元)に入れない?キーボードを使わずにリカバリーモードで起動する方法

通常Macは起動・再起動時にCommand+RキーをAppleロゴが出るまで押し続ければリカバリーモード(macOS復元・復旧アシスタント)に入ることができる。

しかし、僕も度々経験したことだがCommand+Rキーのタイミングがシビアな場合があり、リカバリモードに入るために何度もMacを再起動した経験がある。

本記事ではキーボードを一切使わずにターミナルのコマンドでリカバリーモードを起動する方法を紹介する。

リカバリモードで起動するためのターミナルコマンド

キーボードを使わずにリカバリーモードを起動する方法は極めて簡単で、下記のコマンドをターミナルで実行すればMacが再起動し自動的にリカバリーモードで起動する。

sudo nvram "recovery-boot-mode=unused"
sudo reboot

パスワードの入力を求められたら管理者パスワードを入力しよう。

パスワードの入力をした瞬間にMacが再起動し、キーボードを触らなくてもリカバリーモードが自動的に起動するはずだ。

なお、再起動をあとで手動で行いたい場合は「sudo reboot」というコマンドは入力しなくてもいい。

コマンドの効果は一度限りなので次回再起動は通常起動

上記のコマンドは一回限りのコマンドであり、特別な操作をしなくてもリカバリーモードでの作業が終わったなら、あとは普通に再起動すれば通常のmacOSが起動する。

先ほどのコマンドを実行したからといってMacの再起動が常にリカバリーモードで行われてしまうという心配はない。

正常にリカバリーモードに移行しなかった場合の万が一のコマンド

先ほどのコマンドはMacのNVRAMに「リカバリーモードで起動しろ」という命令を書き込むものだが、もしリカバリーモードの起動に失敗したり問題が発生した場合はCommand+Option+P+Rキーを押しながらMacを起動してNVRAMをリセットしよう。

先ほどのコマンドを実行したからといってトラブルが起きる可能性は極めて低いが、万が一トラブルが起きてもNVRAMをリセットすれば正常な状態に戻る。

まとめ

Appleサポートではリカバリモードに入る方法はキーボードを使用した方法しか解説されていないため、この方法はあまり有名ではないがキーボードを使用してのリカバリーモードの起動が何度も失敗する場合は今回紹介した方法が役に立つだろう。