macOS Catalinaで変更しておいた方がいい設定

macOS Catalinaでは多数の新機能追加・変更・改善が行われているが、ユーザーによっては不必要な情報が表示されていたり、使わない機能が有効になっていたりするのでここではmacOS Catalinaで変更しておいた方がいい設定をまとめる。

スクリーンタイムをオフにする

スクリーンタイムは自分がどれだけのApp・コンテンツをどのくらいの頻度で、どのくらいの時間使用しているか記録してくれるが、不要な人はスクリーンタイムを無効にすると無駄なCPUの処理を減らすことができる。

スクリーンタイムをオフにするにはシステム環境設定>スクリーンタイムを開き「オフにする」をクリックする。

ScreenTimeAgentというプロセスは常駐したままだが、オフにすればCPUを食わなくなる。

ミュージックアプリでiTunes Storeを表示する

デフォルトのミュージックアプリではiTunes Storeが隠れているのでミュージックアプリの環境設定の「一般タブ」の「iTunes Store」をチェックしてオンにするとサイドバーにiTunes Storeが表示されるようになる。

ミュージックのアルバムアートワークの自動ダウンロードをオフにする

デフォルトではミュージックアプリの「アートワークを自動アップデート」がオンになっており、手動でアートワークを設定している人は上書きされてしまうためmacOS Catalinaをインストールしたら最初に設定しておいた方がいい。

アートワークの自動アップデートを無効にするにはミュージックアプリの環境設定の「詳細タブ」を開き「アートワークを自動アップデート」のチェックを外す。

なお事前にアートワークの自動アップデートを防ぐのなら上記設定をする前にLANケーブルを抜いたりルーターの電源を切ったりしてネットからMacを切り離すのがいい。

もし従来までのiTunesライブラリをバックアップしているのならApple IDにログインせずに、強引にバックアップのライブラリファイルをミュージックライブラリにねじ込むという方法もある(自己責任ではあるが)。

ちなみにmacOS Catalinaでは新たにミュージックフォルダ内に「iTunes」ライブラリフォルダの他に「Music」というライブラリフォルダが生成される。

「Music」フォルダはmacOS Catalina特有のフォルダであるが、調べた限り以前のmacOSからCatalinaにアップデートした場合は従来のiTunesフォルダのライブラリを引き続き使用し、Musicフォルダには設定ファイルが配置されるだけとなる。

なおTVアプリに関しても「ムービー」フォルダ内に「TV」というフォルダが新たに生成されるが、以前のmacOSからCatalinaにアップデートした場合は映画のファイル自体はミュージックと同様従来のiTunesフォルダ内を参照する。

ミュージックアプリのApple Musicを非表示にする

デフォルトのミュージックアプリはApple Musicに加入していなくてもサイドバーにApple Musicの項目が表示されるが、加入していない場合は不要であるために非表示にしよう。

Apple Musicの項目を非表示にするにはミュージックアプリの環境設定を開き「制限タブ」の「Apple Music」の項目にチェックを入れる。

この機能は本来、ペアレンタルロックの機能の一つで子供などが勝手にApple Musicをサブスクライブしないための設定だが、この機能を利用すればミュージックアプリからApple Musicの項目をオフにできる。

写真アプリのビデオとLive Photosの自動再生をオフにする

写真アプリでの動画とLive Photosの自動再生

新しくなった写真アプリでは「すべての写真タブ」を除く年/月/日別の表示では動画やLive Photosの自動再生がオンになっている。

これにより見栄えはよくなっているが、写真や動画は全てクラウドに保存してローカルではオリジナルファイルを保存していない設定の場合、自動再生により無駄なデータのダウンロードが行われるため自動再生に魅力を感じなければオフにしよう。

写真アプリでの動画とLive Photosの自動再生をオフにするには写真アプリの環境設定を開き「一般タブ」にある「ビデオとLive Photosを自動再生」のチェックを外す。

音声コントロールをオフにする

macOS Catalinaの音声コントロールは従来の音声操作より飛躍的に機能が向上し、四肢が満足に動かない障碍を持つ人にとっては音声によりほぼ全てのmacOSのUIを操作可能になり非常に有用であるが不要であればオフにしよう。

音声コントロールはオンの状態の場合、各言語に応じて音声コントロール用のデータがストレージを食っており、結構なファイルサイズになるためオフにすればそれだけストレージの容量が空く。

音声コントロールをオフにするにはシステム環境設定から「アクセシビリティ」を開きサイドバーの「音声コントロール」をクリックして「音声コントロールを有効にする」のチェックを外す。

まとめ

macOS Catalinaは従来のmacOSと比べてあまり必要のない機能が最初から有効になっている場合が多く、一部の人はこのせいで予期せぬ被害を被った人もいる(アルバムアートワークの自動アップデートで手動のアートワークが上書きされてしまうなど)。

macOS Catalinaをアップデート/インストールしたら自分が使用しない不必要な機能はまず最初に無効にしよう。