Apple Pro Display XDRに必要なGPU性能

先日のApple WWDC 2019 基調講演でMac Proと共に発表されたApple純正6Kモニター”Pro Display XDR”であるが、最低価格で$4,999と言えど購入を考えている人もいるのではないだろうか。

ここではPro Display XDRを快適に動作させるのに必要なGPU性能を考えてみる。

Pro Display XDRの概要

画像出典 Apple.com

Pro Display XDRの主なスペックは下記のようになる

サイズ:32インチ

ネイティブ解像度:6016x3384

ピクセル数:約2000万ピクセル

ピクセル密度:218ppi

輝度:SDR時 500nits XDR時 1000nits ピーク時1600nits

コントラスト比:1,000,000:1

色域:DCI-P3

Pro Display XDR -Apple

6016x3384解像度の負荷

ここで性能に直接影響してくるのがネイティブ解像度6016x3384という項目。

以前書いた記事でも触れた通り、macOSのRetina(擬似解像度)というのはネイティブ解像度のちょうど半分の解像度でインターフェースや文字を描画することで、滑らかな表示を実現している。

Macで4Kモニターを使用した際のRetina解像度

Pro Display XDRでは擬似解像度はデフォルト設定では3008x1692になるはずである。

また、macOSのRetinaの特徴として、Retina(擬似解像度)を利用した際はそのちょうど縦横2倍の負荷がMacのシステムにかかる仕様になっているので、擬似解像度が3008x1692というのは理に適っている。

上記の前提を元に考えると、6Kモニターを持っていなくてもMacに接続している4Kモニターなどで擬似解像度を3008x1692に設定すれば、6Kモニターと同等の負荷がMacにかかるのでPro Display XDRがどの程度のGPUパフォーマンスを要求するのか推測することが出来る。

奇しくも僕はMac mini 2018にBlackmagic eGPU(Radeon Pro 580)と4Kモニターを接続して使用しており、普段から3008x1692の擬似解像度で作業している。

つまり、僕は4Kモニターを使っているとは言え、MacのシステムにはPro Display XDRと同等の負荷がかかっている。

それでいてBlackmagic eGPU(Radeon Pro 580)では3008x1692の擬似解像度は割と快適に動いているので、少なくともRadeon Pro 580であればPro Display XDRを快適に利用出来るということになる。

ちなみにCPU内蔵グラフィック(UHD 630)で3008x1692の擬似解像度を利用するとウィンドウ操作やブラウザのスクロールなど一般的なタスクもカクカクで、まともな利用は出来なかった。

6Kディスプレイを快適に利用できるGPUはどれか

ではPro Display XDRの6Kという高解像度を快適に利用できるGPUはRadeon Pro 580以外にどういったものがあるのか、検証してみよう。

これはVideocard BenchmarksというサイトのGPU性能チャートであるが、Radeon Pro 580のスコアが7753なので、これに近い性能またはこれよりスコアが高いGPUであればPro Display XDRを快適に利用出来るということになるはずだ。

個人的な主張になってしまうが、このチャートを目安とするなら最低でもスコア7500を超えるGPUであれば大丈夫なのではないかと思う。

もちろんネイティブ解像度の6Kモニターを動かすわけだから、いくら擬似的に4KモニターでPro Display XDRの負荷を再現出来るとは言え、ビデオメモリがどれだけ必要なのかは実際に6Kモニターを利用しない限り、再現は出来ない。

ただ、新型Mac ProのベースモデルのグラフィックがRadeon Pro 580Xであり、Radeon Pro 580XとRadeon Pro 580はそれほど性能が変わらないため、Radeon Pro 580Xのビデオメモリが8GBであることを考えると、ビデオメモリ8GB搭載で、かつ上記のチャートのスコア7500以上のGPUであれば問題はないだろう。

新型Mac ProのベースモデルはPro Display XDRを最低限快適に利用出来るようにパーツが選定されているはずなので、これは間違いない。

結論

以上のことを踏まえると、Pro Display XDRを快適に使用出来るGPUは、Radeon 570(8GB版)以上、最低ラインだとRX 470(8GB版)といったところではないだろうか。

長々と書いてしまったがこれらは全て僕の推測であるため、間違っている可能性もある。

ただ、Pro Display XDRを快適に利用するにはRadeon RX 470と同等の性能かつ8GBのメモリを搭載したGPUが必要、ということには確信を持っている。