MacでWindows専用美少女ゲームをプレイする上で注意すること

以前、Mac環境でWindows専用美少女ゲーム、いわゆるエロゲをプレイする方法をまとめた記事を書いた。

美少女ゲームは僕のような浮いた話がないアラサー独身男性にとって現実を忘れられる心のオアシスであるがMacでWindows専用美少女ゲームをプレイする上では様々なハードルもある。

MacでWindows専用美少女ゲームをプレイする方法。手順を解説

今回はMacでWindows専用美少女ゲームをプレイする上での注意点をまとめてみる。

初期投資が必要

現在MacでWindows専用美少女ゲームをプレイする方法としては大きく分けてParallels DesktopやWine、VMware Fusionなどの仮想環境を用意するか、Boot Campを利用する2通りの方法が存在する。

ただ、Wineの導入は(僕が試した限り)トラブルが多くVMware Fusionは法人向けという側面が強いためかParallels Desktopより利用者が少なくトラブルが起きた際の情報も不足気味であるためParallels Desktopが最も手軽で安定している。

とはいえParallels Desktopは買い切り型で8,500円、年間サブスクリプション型だと年/10,000円かかり更に外付けDVDドライブの導入も必要になってくる。

また、仮想環境にしろBoot CampにしろWindows専用美少女ゲームを動かすからには当然Windowsのライセンスが必要なためWindowsのライセンスが余っていない人はそちらも購入する必要がある。

Windowsはパッケージ版やオンラインコード版が存在するがいずれのバージョンでも最も安いWindows 10 Homeで15,000円はかかってしまう。

美少女ゲームをプレイするだけで合計2万円以上の初期投資が必要というのは躊躇してしまう部分だろう。

美少女ゲームのエンジンによっては正しく動作しない

美少女ゲームと一口に言っても美少女ゲームのエンジンは数多くあり、それぞれ仕様が違っている。

ブランド(メーカー)によって自社製エンジンで制作しているところもあれば、逆に吉里吉里などの汎用的なゲームエンジンを使って制作している場合もある。

当然ゲームエンジンが違えば動作の仕様も違ってくるためParallels DesktopやWine、VMware Fusionなどの特殊な環境ではMacで動かすには動作に支障が生じる場合がある。

Boot Campなら限りなくWindowsネイティブ環境に近くなるのでトラブルは少ないが、そうなると美少女ゲームをプレイする度にMacの再起動が必要になり、ユーザービリティが著しく低下するのでおすすめはしない。

トラブルが生じた場合の解決法として作品によってはゲームフォルダ内のエンジン設定やゲーム内の設定を変更して解決する場合もあるがこのあたりは博打に近いのでプレイしたい作品の体験版が公開されているならまずは体験版を実際にプレイして正常に動くか確かめた方がいい。

体験版が存在しないゲームの場合はもはや運を信じて購入してみるしかない。

MacがRetina環境だと画面がボケる

Mac miniやMac Proに4Kモニターなどを繋げて擬似解像度(Retina)を利用していたりMacBookやiMacを使用している場合、Retinaの関係上どうやってもWindows側の画面はボケてしまう。

これを回避するには擬似解像度をオフにすればいいのだが、MacBookシリーズは擬似解像度をオフに出来ない上に仮にオフにしたとしても今度はウィンドウモードなどで起動している美少女ゲームの文字が非常に小さくなり文字が読みにくいという問題が生じる。

Parallels Desktopの設定やWindows側の解像度を適切に調節することで、通常解像度と遜色ないレベルまでボケを抑えることは可能だが完全になくすことは出来ないため、この辺りはMacをRetinaで使用する上では避けて通れないということを覚悟する必要がある。

とはいえ最近の美少女ゲームはフルHD解像度が当たり前になってきているため、多少引き伸ばされたくらいではボケは目立ちにくくなっている。

トラブルが起きても自分で対処するしかない

当たり前だがMac環境で美少女ゲームをプレイする人は極めて少数なので起動しないなどのトラブルがあってもネットにはMac環境での美少女ゲームトラブル対策などの情報がほぼない他、Macでのプレイはメーカー自体も非推奨なのでサポートも受けられない。

トラブルが起きたら情報が皆無の中で自分で解決するしかない。

まとめ

以上、色々と書いたがまとめると”安定した動作は保証できない””お金がかかる””Retinaだと画面がボケる””全て自己責任”という4点に要約できる。

特に美少女ゲームをプレイする下準備だけで2万円以上かかるというのはかなり躊躇してしまう部分だろう。

無料であるBoot Camp環境であったとしてもWindowsのライセンスだけは自分で用意する必要があるため初期投資が必要というのがMacで美少女ゲームをプレイする上での一番の障害と言えるかもしれない。

加えてそれだけの準備をしても必ずしもどの作品も正常に動作するとは限らない。

ここまでしてエロゲをプレイする意味はそこにエロゲがあるからとしか答えようがないがMacで快適エロゲライフの構築を考えている人は以上の点を十分考慮してほしいと思う。