macOSのダーク/ライトモードを一発で切り替えるアプリ「Nightfall」

macOSでライトモードとダークモードを切り替えるショートカットを作る方法

以前投稿した記事でmacOS Mojave以降のダークモードとライトーモードを一発で切り替えるショートカットを作る方法を紹介したが、より簡単にダーク/ライトモードを切り替えられるアプリ「Nightfall」を見つけたので紹介しよう。

Nightfallの概要

Nightfallとはシステムに常駐してメニューバーからワンクリック、またはキーボードショートカットでダーク/ライトモードを簡単に切り替えることを可能にするオープンソースの無料アプリだ。

ワンクリックでダーク/ライトモードの切り替えが可能

シンプルでありながら必要最低限の機能が揃っている他、コンスタントにアップデートも行われている。

Nightfallをダウンロードするには上記ボタンからGitHubに飛び、最新バージョンの「Nightfall.dmg」をクリックする。

Nightfallのインストールと使い方

インストール

NightfallをダウンロードしたらdmgファイルをクリックしてNightfall.appをアプリケーションフォルダに移動させよう。

起動すると上記の警告が出るが、一旦「OK」ボタンをクリック。

システム環境設定から「セキュリティとプライバシー」を開き、「一般」タブの下部にある「このまま開く」をクリック。

警告が出るがそのまま「開く」をクリック。

上記のような警告が出たら一旦「OK」をクリック。

続けて上記の警告も出るが「システム環境設定を開く」をクリック。

「セキュリティとプライバシー」の「画面収録」の設定に飛ぶので「Nightfall.app」にチェックを付け、「Nightfall.appは終了するまで画面の内容を記録できません」というダイアログが出たら「今すぐ終了」をクリック。

一旦Nightfallアプリが終了するので再度起動すれば使用準備完了だ。

使用方法

起動するとメニューバーに上記のアイコンが表示されるので、あとはこのアイコンをクリックすれば一発でダーク/ライトモードを切り替え可能だ。

更にNightfallのアイコンを右クリックして「Preferences」をクリックすると切り替わりアニメーションのディレイ(遅延)などを設定するができる。

なお、NightfallをMac起動時に自動で起動させたい場合は「Start Nightfall at login」にチェックを付けよう。

また、システム環境設定を開き、「キーボード」設定の「ショートカット」タブにある「サービス」の項目内で好きなキーボードショートカットを指定することも可能だ。

まとめ

以前紹介した記事ではスクリプトエディタによるショートカットの作成という作業が必要だったが、このNightfallであればキーボードショートカットはもちろん、メニューバーからワンクリックでダーク/ライトモードを切り替えることができるため非常に有用だ。

ダーク/ライトモードの切り替えを多用する人にはうってつけのアプリと言える。