「アップデートを確認中」のまま止まる、「インストールできませんでした」とエラーが出る場合

ソフウェアアップデート中にエラーが出る

近年のmacOSではシステム環境設定のソフトウェアアップデートからアップデートを行うが、時々「インストールできませんでした。選択したアップデートのインストール中にエラーが起きました。」とエラーが出たり、あるいは「アップデートを確認中」のまま一向にダウンロードが進まないことがある。

アップデートを確認中のまま進まない

ここではMacで「インストールできませんでした」とエラーが出たり「アップデートを確認中」のまま固まる(スタックする)場合の対処法をまとめる。

ソフウェアアップデートが正常に行われない場合の対処法

ソフウェアアップデートが正常に行われない場合、下記のいずれかの対処法を試してみよう。

アクティビティモニタでプロセスをリセット

「アクティビティモニタ」からソフトウェアアップデートのプロセスを強制終了してソフトウェアアップデートをリセットする。

まずアクティビティモニタを起動しcom.apple.preferences.softwareupdate.remoteserviceSoftwareUpdateNotificationManagerの二つのプロセスを強制終了してみよう。

該当のプロセスは右上の検索ボックスに「software」などと検索すると探しやすいだろう。

プロセスを強制終了するにはそのプロセスを選択した状態で左上の「×」ボタンをクリックする。

警告が出るがそのまま「強制終了」をクリックしよう。

プロセスを強制終了するとシステム環境設定で上記画像のようなエラーが出るが無視する。

その後、改めて「ソフトウェアアップデート」からアップデートを再度実行してみよう。

ターミナルでアップデートをダウンロード

システム環境設定のソフトウェアアップデートではなく、ターミナルで下記コマンドを実行してターミナル経由でアップデートをダウンロードする。

sudo softwareupdate -i -a

パスワードの入力を求められたら管理者パスワードを入力してエンターキーを押そう。

コマンド実行後はアップデートのダウンロードとインストールがターミナル上で行われ、英文で再起動を促されるので再起動すればアップデートが始まる。

.plistファイルを削除

依然としてソフトウェアアップデートでエラー出たり途中で止まる場合はFinderのメニューバーの「移動」>「フォルダへ移動」をクリックし下記のパスを入力して移動する。

~/Library/Preferences/com.apple.preferences.softwareupdate.plist

移動するとcom.apple.preferences.softwareupdate.plistというファイルが選択された状態で開くのでそのファイルを削除する。

このファイルを削除する

削除したら改めてソフトウェアアップデートを実行してみてほしい。

個別に配信されている追加アップデートや統合アップデートをダウンロードしてインストール

macOS向けに個別に配信されている差分アップデートや追加アップデート、あるいは統合アップデートファイルをダウンロードしてパッケージファイル(pkg)からインストールするという方法もある。

アップデートファイルへのリンクやそれぞれのアップデートファイルについて解説すると長くなってしまうため詳しくは下記記事を参照して頂きたい。

OS X YosemiteからmacOS Catalinaまでのダウンロードリンクと対応Mac一覧

まとめ

近年のmacOSのソフトウェアアップデートはエラーが起きるなどの不具合が多く、失敗する確率が高いように思う。

もしソフトウェアアップデートで問題が発生したら上記対処法を試してみてほしい。