macOSのスクリーンショットTIPSまとめ

macOSのスクリーンショット機能はmacOS Mojaveから多機能化されたため重宝しているユーザーも多いだろう。

ここではmacOSのスクリーンショット関連で便利なTIPSを紹介する。

macOSのスクリーンショットTIPS

macOS Mojave〜Catalinaでデフォルトのスクリーンショットの保存場所を変更する

通常macOSでスクリーンショットを撮るとデスクトップに自動で保存されるが、保存先を任意のフォルダに変更することができる。

macOS Mojave〜Catalinaの場合、まずは「その他(ユーティリティ)」フォルダにある「スクリーンショット」アプリケーションを起動するか、Shift+Command+5キーのショートカットでスクリーンショットキャプチャパネルを表示させよう。

画面下部にスクリーンショットキャプチャパネルが表示されるので右端の「オプション」をクリックし保存先の一覧から「その他の場所」を選択して任意のフォルダを選択すれば、以降はそこにスクリーンショットが保存されるようになる。

macOS High Sierra以前でデフォルトのスクリーンショットの保存場所を変更する

macOS High Sierra以前のmacOSでスクリーンショットの保存先を変更するにはまずターミナルで下記コマンドを入力(まだ実行はしない)。

defaults write com.apple.screencapture location

続いてスクリーンショットの保存先に指定したいフォルダを上記ターミナル画面にドラッグアンドドロップする。

自動でパスが入力されたらエンターキーを押してコマンドを実行する。

なお「location」という文字とフォルダへのパスの間には半角スペースが入っている必要があるので注意しよう。

コマンドを実行したら続けて以下のコマンドを実行する。

killall SystemUIServer

以降はスクリーンショットが指定したフォルダへ保存されるようになる。

元に戻す際は先ほどのコマンドを入力し、保存先のパスを「~Desktop」にする。

なお、masOS Mojave以降で上記のコマンドを入力してもエラーが出るため意味はない。

デフォルトのスクリーンショットのファイル形式を変更する

通常macOSではスクリーンショットを撮るとファイル形式(ファイルフォーマット)が「PNG」になるが、これを「JPG」に変更する場合は下記のコマンドを実行する。

defaults write com.apple.screencapture type jpg

なお、JPG以外では以下のファイル形式に変更が可能なので希望のファイル形式のコマンドを実行しよう。

defaults write com.apple.screencapture type pdf
defaults write com.apple.screencapture type tiff
defaults write com.apple.screencapture type gif

元に戻す際は下記のコマンドを実行する。

defaults write com.apple.screencapture type png

デフォルトの画面収録(キャプチャ)のファイル形式は変更できない

なお、macOSの画面収録(動画キャプチャ)はデフォルトでは「mov」になるが、このファイル形式は変更できない。

そもそも「mov」はただのコンテナファイルなので、もしこれを他のファイル形式に変更したいのなら無料アプリケーションの「HandBrake」を使おう。

HandBrakeを起動したら特に何も弄らずとも「Format」の項目で希望のファイル形式を選択し「Start」をクリックするだけで簡単にファイル形式を変換可能だ。

通常の方法では撮れないアプリやウィンドウのスクリーンショットを撮る

macOSのスクリーンショット機能では大抵のアプリケーションやウィンドウのスクリーンショットが撮れるが、稀にスクリーンショットが撮れないアプリケーションやウィンドウがある。

この場合はMacが2台ある人限定(手間をかければWindows PCからも可能だがそれは別の機会に)だが、画面共有機能を利用してスクリーンショットを撮ってみよう。

まず、スクリーンショットを撮られる側のMacのシステム環境設定で「共有」の設定を開く。

左パネルから「画面共有」にチェックを付け、「ほかのユーザは〜」から始まるメッセージにあるvnc://から始まるアドレスを覚えておく。

続いてスクリーンショットを撮りたい側のMacでSpotlightなどで「画面共有」と検索して「画面共有アプリ」を開く。

接続先を入力するウィンドウが出るので先ほどのvnc://から始まるアドレスを上記画像のように入力して「接続」をクリック。

上記画面が出たら普段使っているMacのユーザー名と管理者パスワードを入力して「サインイン」をクリックする。

すると画面共有元のMacの画面がウィンドウで表示されるので、左上の「双眼鏡ボタン」から制御を「監視モード」にして、あとはこのウィンドウごとスクリーンショットを撮ってしまえばいい。

作業が終わったら画面共有元のメニューバーのアイコン(二つのスクリーンアイコン)から接続を解除するか、画面共有アプリを終了する。

なお、セキュリティのためにも画面共有を使わないときは共有の設定で画面共有のチェックを外しておこう。

まとめ

以上、macOSのスクリーンショット関連のTIPSを紹介した。

macOSはスクリーンショットの設定が柔軟であり、思い通りにいかなくても様々なワークアラウンドが存在するため、映画などのHDCPで保護されているコンテンツ以外は大抵の場合、上記の方法で自由にキャプチャが可能だ。