macOSのFinderのタブを保存するには?

macOS High SierraまではFinderのウィンドウを全て閉じたとしてもFinderウィンドウを再度起動すれば以前開いていたタブが復元されたが、この挙動はmacOS Mojave以降では変わっており、Finderウィンドウを全て閉じた場合、開いていたタブも全て閉じられてしまう。

Finderウィンドウを閉じると開いていたタブも消えてしまう

今回はFinderのタブの保存・復元(リストア)の仕組みと方法を紹介する。

Finderのタブを自動保存する設定に変更できる

macOS Mojave以降でFinderのタブの挙動が変わっていると書いたが、適切に設定すればFinderのタブの情報自体は自動でmacOSに保存(記憶)される。

なお、Finderのタブの情報が保存されるのは以下のフォルダである。

~/Library/Saved Application State/com.apple.finder.savedState

macOS Mojave以降でFinderウィンドウを開くとタブが復元されないのは「Finderを新規ウィンドウとして開くという動作がデフォルトになっている」からであり、適切に設定すればFinderのタブ情報を保存し、そこから復元することも可能だ。

Finderのタブを保存(キープ)/復元させる手順

Finderで開いていたタブの情報を保存・復元するには下記の手順を行おう。

システム環境設定の一般設定でウィンドウを保持する設定にしておく

まずシステム環境設定の「一般」の項目の下部にある「アプリケーションを終了するときにウィンドウを閉じる」の項目のチェックを外しておく。

保存されたタブを復元する

前述の項目のチェックを外したのなら、以降はたとえMacを再起動してもFinderで開いていたタブの情報は消えないため、以下の操作で以前まで開いていたタブを復元可能だ。

まずDockのFinderアイコンをOptionキーを押しながら右クリックする。

メニューが開くので一番下の「再度開く」をクリックする。

以上の操作で例え現在Finderウィンドウが全て閉じている状態であっても、最後にFinderウィンドウで開いていたタブのセッションが復元されるはずだ。

Finderで「再度開く」を実行すると以前のタブのセッションが復元される

なお、もしFinderウィンドウが自動で開かなかった場合は「再度開く」をクリックして数秒間待ってから、DockアイコンのFinderをクリックしてみよう。

Finderの開いているタブが保存されるタイミング

なお、Finderで開いているタブが自動保存されるタイミングはmacOSが完全に掌握しているため推測でしかないが、恐らくは「ウィンドウを閉じた時」と「システムを終了/再起動した時」である。

また、Finderウィンドウを全て閉じて再度Finderウィンドウを開いてそのウィンドウを再び閉じた場合は以前までのタブのセッションは上書きされて消えるのだと思われる。

もし万全を期すのであれば前述したFinderのタブの情報が保存されているフォルダを開いて「window」から始まる名前の付いたファイルをどこかにバックアップしておいてもいいだろう。

最もシンプルな対処法はFinderウィンドウを閉じないこと

macOSのFinderの仕様は少々ややこしいが、Finderで開いているタブを失わない最もシンプルな方法は「Finderのウィンドウを絶対に閉じないこと」である。

システム環境設定の「一般」の項目で「アプリケーションを終了するときにウィンドウを閉じる」のチェックを外しているのなら、例えMacを再起動したとしてもFinderウィンドウを全て閉じない限りはタブは絶対に消えない。

Finderのタブ情報を失いたくないのであれば極力Finderウィンドウは閉じないようにしよう。

万が一Finderウィンドウを全て閉じてしまった場合はFinderウィンドウを開き直す前に、前述したようにDockのFinderをOptionキーを押しながら「再度開く」をクリックして復元しよう。

まとめ

海外コミュニティではmacOS Highs Sierraまでの挙動とmacOS Mojave以降のFinderのタブの挙動は「macOS High Sierraまでの挙動が普通であり、Mojave以降の挙動はバグである」という意見と「macOS High Sierraまでの挙動がバグであり、Mojave以降の挙動は正常である」という二つの意見があり、確かなことはAppleにしかわからない。

僕としてはmacOS High Sierraまでの挙動の方が理に適っていると思うが、いずれにしろFinderのタブの保存・復元を行いたい場合は本記事の方法を試してほしい。