macOS Catalinaで映画のレンタル/購入をする場合の注意点

macOS Catalinaにしてから初めてTVアプリで映画のレンタル/購入をしたのだが思わぬトラブルを経験したのでまとめておく。

macOS Catalinaで映画をレンタル/購入する際の注意点

映画のトップページに表示される「レンタル」「購入」ボタンからレンタル/購入をするのはやめた方がいい

従来のiTunesの映画ストアと違いTVアプリの映画ストアは映画のタイトルだけが表示されており「字幕」や「吹替」といった表示がなくなっている。

僕が実際にレンタル/購入したところ、上記画像のようなトップページからレンタル/購入した場合は字幕・吹替で分かれている映画の場合、吹替版が優先してレンタル/購入されてしまう。

iOS・iPadOSであればFace ID/Touch IDの認証画面が出てそこに字幕か吹替か書いてあるが、macOS Catalinaはワンクリックでレンタル/購入できてしまう場合がある

iOS・iPadOSでもこの仕様は同じなのだがmacOS Catalinaの場合はiOS・iPadOSのようにFace ID/Touch ID/Apple IDの認証画面が出ない場合があるため間違いに気付きにくい。

結果として僕は本来借りようとしていた字幕版ではなく吹替版をレンタルしてしまった。

映画のレンタル/購入はページ下部の「視聴方法」という項目から

macOS Catalinaで映画のレンタル/購入をする場合は映画のページの下部に移動し「視聴方法」という欄からレンタル/購入をした方がいい。

字幕版と吹替版で分かれている映画の場合「視聴方法」の欄に「2バージョン」という項目があり、ここをクリックすれば字幕・吹替版を確認してレンタル/購入することが可能だ。

この方法であれば自分がこれからレンタル/購入しようとしている映画が字幕版なのか吹替版なのかがひと目でわかる。

字幕版・吹替版を購入した場合の謎

字幕版を購入したにも関わらず購入履歴を見ると吹替版も購入したことになっている

また、僕の場合、字幕版と吹替版に分かれている映画を購入した際、字幕版を購入したにも関わらず購入履歴を見ると吹替版も購入したことになっている不具合に気づいた。

ただし料金の引き落としは字幕版の2,500円のみであり吹替版の料金は引き落とされていない。

これは前述した通りTVアプリの不具合・バグである可能性が高いが、どうもTVアプリは「字幕版」と「吹替版」の映画の購入処理に問題があるように思う。

この問題はAppleサポートにも報告しており、回答も得ているがサポートの人によれば「なぜこのようなことになったのかはこちらでもわからない」ということだった。

まとめ

最初から字幕/吹替が両方入っている映画なら本記事のようなトラブルや不具合は起きないが、字幕版と吹替版で分かれている映画をレンタル/購入する際は是非とも上記で指摘した点を考慮して慎重に購入してほしい。

特にmacOS Catalinaでは購入ボタンを押した際にTouch ID/Apple IDなどの認証画面が出ない場合が多いため、クリック一つで誤ったバージョンの映画を購入するといったことが起こりやすい。

正直macOS CatalinaのTVアプリの映画のレンタル/購入方法は分かりにくすぎるためAppleには早急に改善を望みたい。