macOS Catalinaでスリープからの復帰時に問題が発生して再起動してしまう場合

macOS Catalinaにおいてサブで使用しているMacBook Pro 13 Mid 2019がかなりの確率でスリープからの復帰時に「問題が発生したため再起動しました」というクラッシュレポートが表示され、スリープ中あるいはスリープからの復帰の際にKernel Panicや予期せぬシステムのクラッシュが発生していると思われる現象に遭遇した。

ここではMacがスリープからの復帰時に再起動(システムクラッシュ・Kernel Panic)が発生する際の対処法をまとめる。

省エネルギー設定を見直す

まずシステム環境設定の「省エネルギー」の項目で「バッテリー」「電源アダプタ」両方において「可能な場合はハードディスクをスリープさせる」、「電源アダプタに接続中にPower Napをオンにする(バッテリー電源使用時にPower Napをオンにする)」のチェックを両方とも外してオフにしてみよう。

ちなみにバッテリー駆動ではないMac miniやiMacなどのMacでは「バッテリー」や「電源アダプタ」などのはタブはない。

これらの設定をオフにするとスリープ中のメールのチェックやiCloudのアップデートが自動で行われなくなる弊害があるが、スリープ中のKernel Panicやクラッシュが解消される場合がある。

ターミナルコマンドでスタンバイをオフにする

省エネルギー設定を変更しても改善されない場合、ターミナルで下記のコマンドを実行して「スタンバイ」をオフにしてみよう。

sudo pmset -a standby 0

パスワードの入力を求められたら管理者パスワードを入力してエンターキーを押そう。

このコマンドによってMacのスタンバイが無効になるが、スリープ自体はきちんと動作する。

ただし、この設定を行うとMacのスリープが中途半端になってしまい、バッテリー使用時にスリープした際、Macがいわゆる「深い眠り」に入らず、バッテリー消費量が増える可能性がある点に注意。

なお、元に戻すには下記コマンドを実行する。

sudo pmset -a standby 1

電源アダプタ接続中のスリープの際に電源アダプタを外さない

もしMacBookシリーズなどを使用しているなら、電源アダプタ(USB-CやMagSafe)を接続してスリープ状態にあるMacBookの電源は外さないように注意しよう。

僕の環境では電源アダプタが接続された状態でスリープになっているMacBook Proから電源アダプタを外してスリープから復帰させると高確率でクラッシュが起きることを確認している。

この現象はmacOS Catalina以前では経験していないため、macOS Catalinaの不具合であると考えられる。

もし電源アダプタを外したい場合は電源アダプタを接続したままスリープから復帰させ、正常にMacがスリープから復帰したのを確認した後に電源アダプタを外すようにしよう。

まとめ

僕の場合は上記でまとめた3点を実行したところ、まだ数日ではあるが今のところKernel Panicなどのクラッシュは起きていない。

どうもmacOS Catalinaはスリープ関連に不具合があるようで検索すると世界中でこの問題が報告されている。

macOS Catalinaでこの問題が発生している場合、十中八九macOS Catalinaのバグであると思われるため、当面は上記の対処法で凌いで次期アップデートでの修正を待つしかない。