macOS CatalinaでSafariの機能拡張が有効にできない場合の対処法

macOS Catalina 10.15.3のSafariにおいて「機能拡張(拡張機能)」のチェックボックスがオンにできない不具合があったので対処法を紹介する。

Safariの機能拡張がオンにできない場合の対処法

iCloudキーチェーンが有効になっている確認

まず初めにSafariの機能拡張はなぜかiCloudの「キーチェーン」がオンになっていないと機能しないことがあるため、まずはシステム環境設定>Apple IDの項目で「キーチェーン」にチェックが付いているか確認しよう。

開発者メニューを表示して機能拡張を一旦無効にする

キーチェーンがオンになっていても機能拡張を有効にできない場合、まずはSafariの環境設定の「詳細」タブにある「メニューバーに”開発”メニューを表示」にチェックを付ける。

メニューバーに「開発」という項目が表示されるのでクリックして「機能拡張を無効にする」をオンオフしたり、Safariを再起動するなどを繰り返す。

僕の場合はこの操作でようやくSafariの機能拡張にチェックを付けることができた。

Wiprをアンインストールしてみる

それでもSafari機能拡張を有効にできない場合、macOS Catalina 10.15.3とコンテンツブロッカー 「Wipr」との相性が悪いとの報告がRedditで報告されていたため、Wiprを使っているなら一旦アンインストールしてみよう。

まとめ

macOS Catalinaはバグだらけであるが、この機能拡張バグは10.15.3特有のバグのようで、特にmacOSをクリーンインストールした場合に発生することが多いようだ。

次のアップデートで恐らくは修正されると思うがそれまではこの記事の対処法を試してほしい。