不具合が生じたのでmacOS Catalinaを上書きインストールしてみた。引き継がれる設定、引き継がれない設定は?

数日前、macOS CatalinaにアップデートしたMac mini 2018において突如カーネルパニックが発生してMacが強制再起動してしまった。

一度のみでそれ以降は特に問題は見られなかったが不安に感じたのでmacOS Catalinaを上書きインストールしてみた。

上書きインストールに関して「ユーザーの設定はきちんと保持されるのか?」「消えるファイルがあるのではないか?」と不安に感じる人もいると思う。

ここではmacOS Catalinaを実際に上書きインストールして引き継がれた設定や引き継がれなかった設定、ファイルが消えるかなどをまとめる。

macOSを上書きインストールするメリット

Macにトラブルが生じた際にはよく「上書きインストール」が解決策として挙がる。

実際にAppleのサポートページでも推奨されている方法でOSの根幹部分のみを上書きインストールするという方法だ。

ユーザーの情報や設定、アプリ、ファイルなどは消えないため低リスクで問題を解決できる方法とされている。

macOSを上書きインストールする手順

ここからは実際にmacOS Catalinaを上書きインストールしてみる。

なお上書きインストールを実行する前に念のためTime Machineなどでファイルをバックアップしておこう。

macOS ユーティリティ(macOS復元)を立ち上げる

macOSを上書きインストールするにはMacを起動または再起動し、すぐに「Command+R」キーを押しっぱなしにしてmacOSユーティリティを立ち上げ、その画面から「macOSを再インストール」を選び「続ける」をクリックする。

クリーンインストールする際はディスクユーティリティからmacOSが入ったドライブを消去する必要があるが上書きインストールの場合は単純に「macOSを再インストール」を選ぶだけでいい。

なお、僕はMac mini 2018にeGPU(Blackmagic eGPU)を接続したままこの作業を行ったが正常にインストールは完了したものの途中で1〜2分以上画面が真っ暗になったりしたため、トラブルを避ける意味でeGPUはあらかじめ外しておいた方がいいだろう。

インストール先を選ぶ

ダイアログを勧めていくとディスクを選択する画面が出るが、ここでは必ず「Macintosh HD」を選ぼう。

ちなみに上書きインストールの際は自動的にMacintosh HDにインストールされているmacOSが選択される(MojaveならMojave、CatalinaならCatalinaがインストールされる)。

なお、この作業はあくまで上書きインストールであるため、既にmacOS Catalinaが存在しているディスクにmacOS CatalinaをインストールしてもmacOS Catalinaが二つ存在するといったことにはならないので安心していい。

Macintosh HDを選択したら「インストール」をクリックしよう。

規約の同意画面などが表示されるが基本的には画面の指示に従って進めれば問題はない。

インストール完了まで待とう

上記のような画面が表示され、あとは上書きインストールが完了するのを待つだけとなる。

僕の環境では当初インストール完了まで40分という表示だったが実際には25分ほどで完了した。

インストール中は数回Macが再起動するが正常なので心配しなくていい。

インストール完了

インストールが完了すると特に初期設定画面などは出ずにログイン画面が表示され、通常通りログインすればこれで上書きインストールの全行程は終了となる。

壁紙はデフォルトに戻っていた

ログインして気づいた点としてドックのアプリやユーザー情報などは完全にそのまま残っており、Safariのタブや履歴なども保持されていたが壁紙がCatalinaデフォルトに戻っているということ。

また、iCloud Drive内に保存していたいくつかのフォルダの再ダウンロード及びSafariで開いていた一部のサイトの再ログインが必要だった。

とはいえ、引き継がれなかった設定やファイルはその程度でその他はシステム環境設定の設定内容からミュージックアプリの曲やプレイリスト、TVアプリの映画、更にはゴミ箱の中のファイルに至るまで全てそのままだった。

なお上書きインストールを行なった際は最新版のアップデートが適用されたmacOS(Catalinaであれば現時点で最新の15.1)がインストールされるため、あらためてソフトウェアアップデートでアップデートを適用する必要はない。

ディスクの空き容量はどうなったか?

上書きインストール前に気になっていた点として上書きインストールした場合ディスク容量にどの程度の変化があるのか?ということ。

結果として上書きインストール前は空き容量193GBだったが上書きインストール後も空き容量は196GBと、それほど大きな変化はなかった。

まとめ 大きなデメリットはないので不具合が生じたら試す価値はあり

以上、macOS CatalinaにmacOS Catalinaを上書きインストールするという作業を行なったが大きなデメリットはないためMacの調子がおかしいといった場合は試す価値は十分にあると思う。

もちろん、僕の環境でのカーネルパニックが解消されたのかどうかはこれからしばらく使い続けてみないと何とも言えないが上書きインストールによるファイルなどの損失はほぼないため上書きインストールはMacの不具合対策の中でも比較的安心して行える作業といえる。