iTunesライブラリをCatalina向けに変更する方法

macOS CatalinaになってiTunesはミュージック・TV・Podcastの3つのアプリに分割されたが以前のmacOSからCatalinaにアップデートした場合はミュージック・TVのライブラリは依然としてiTunesのライブラリに依存する構造になっている。

正直iTunesが消滅したのに「iTunes」というフォルダやライブラリが存在するのは僕としては気持ちが悪く、将来的なmacOSのアップデートのことも考えるとiTunesフォルダ及びiTunesライブラリは不要だと考えたのでmacOS Catalina向けにライブラリを変更した。

ここでは以前のmacOSからmacOS Catalinaにアップデートした場合にiTunesライブラリをCatalina向けに変更(移行)し、iTunesフォルダ及び旧iTunesライブラリを削除する方法を紹介する。

なお、下記の手順を試してライブラリに不具合が生じても責任は取れないため「自己責任」でお願いしたい。

ライブラリをCatalina向けに変更する方法

下記の手順は実際に管理人が試して上手くいった方法ではあるが、下記の作業により他のMacから全ての楽曲が削除され再ダウンロードが必要になる場合がある他、他のMacでも下記の手順を行う必要がある。

ちなみにiPhoneやiPadは影響を受けない。

なお、当然のことながら下記の手順を実行する際はミュージック・TVアプリは終了させておこう。

macOS全体のバックアップを取る

「ライブラリがめちゃくちゃになった」というような不測の事態を避けるため、作業開始前に必ずTime Machineなどでバックアップを取ろう。

プレイリストを書き出しておく

僕の環境ではライブラリを移行してもプレイリストは消えなかったが、念のためミュージックアプリのファイル>ライブラリ>「プレイリストを書き出し」からプレイリストを書き出しておこう。

ライブラリの同期をオフ

更にライブラリの移行に伴い他のMacからライブラリが消えてしまうことを防ぐためにミュージックアプリの「環境設定」の「一般」タブから「ライブラリを同期」をオフにしよう。

なお、TVアプリにはライブラリの同期設定がなく、更に上記の設定画面でライブラリの同期をオフにしても他のMacから楽曲が消える場合があるため、この設定は気休め程度となる。

メディアというフォルダを作る

続いてミュージックアプリを開き、「環境設定」の「ファイル」タブに移動し「"Music Media"フォルダを整理」にチェックがされていることを確認したら「"Music Media"の場所」という項目にある「リセット」というボタンをクリックして「OK」をクリックする。

上記画面が出たら「はい」をクリック。ここで「はい」をクリックしておかないと楽曲を移行した際に新たに同じ楽曲がダウンロードされ楽曲が重複してしまう。

するとユーザーフォルダ>ミュージックの「Music」フォルダ内に「メディア(またはMedia)」というフォルダが新たに生成される。

メディアフォルダにMusic・Apple Musicというフォルダを移動させる

ここからいよいよ楽曲の移行作業となる。

まずミュージックフォルダ内の「iTunes」フォルダを開き「iTunes Media」フォルダ内にある「Music」及び「Apple Music(Apple Musicを契約している場合)」のフォルダを先ほど生成したメディアフォルダ内に移動させる。

また「iTunes」フォルダ内にある「"ミュージックに自動的に追加"」「Album Artwork」というフォルダも「Music」フォルダの直下に移動させておこう。

なお、上記の一連の手順を実行しても僕の環境ではプレイリストは消えず、ミュージックアプリの楽曲も全て移行した「メディア」フォルダ内の楽曲を参照していた。

どうやら楽曲ファイルを移動させてもミュージックアプリは自動的に楽曲の参照場所を更新してくれるようだ。

念のため、フォルダを移動させたらミュージックアプリを起動して楽曲を右クリックし「情報を見る」をクリックして「ファイル」タブを開いて楽曲の参照先がMusic/Music/Media.localizedというパスになっているか確認しておこう。

もしフォルダを移動させてもファイルのパスが変わらない場合は再度ミュージックの環境設定のファイルタブからメディアフォルダを指定してOKをクリックするか、一旦ミュージックアプリを終了させて再度起動してみよう。

ちなみに楽曲によっては再ダウンロードが必要になる場合もあるが再ダウンロードを行っても楽曲が重複するようなことは起きなかった。

TVフォルダも同様に移動させる

続いてはTVアプリのライブラリの変更作業だが、こちらはミュージックアプリより遙かに楽だ。

まずTVアプリを起動し、ミュージックアプリと同様に環境設定から「ファイル」タブに移動し「"Media"フォルダの場所」の項目で「リセット」をクリックする。

ユーザーフォルダ>ムービー>TVフォルダ内に「メディア(またはMedia)」というフォルダが生成されるので「TV」フォルダ内に「iTunes」フォルダの「TVに自動的に追加」というフォルダを移動し、更に「iTunes Media」フォルダの「Movies」というフォルダを「TV」フォルダ内の「メディア(またはMedia)」フォルダに移動させればOKだ。

TVアプリを起動して正常に映画が再生されるのを確認したらTVアプリの場合は以上で移行は完了。

最終的なフォルダ構造

最終的にはフォルダ構造が以下のようになっていればいい。

「ミュージック」内のMusicフォルダ
「ムービー」内のTVフォルダ

iTunesフォルダを削除する

一連の作業が終わり、移動させた楽曲や映画が正常に再生されることを確認したらミュージックフォルダ内にある「iTunes」というフォルダは削除してOKだ。

ただ、もし「iTunes」フォルダを削除するのが心配な場合はどこかにバックアップしておいてもいいだろう。

なお、冒頭で書いた通りこの作業は他のMacでも同様の手順を踏む必要がある他、場合によってはこの作業により他のMacの楽曲が全て消えてしまうことがあるため、楽曲が消えた場合は再ダウンロードを行おう。

まとめ

正直に言って上記の手順は複雑であり、無理にCatalina向けにライブラリを移行させなくても楽曲や映画の再生には全く問題がない。

予期せぬトラブルが起きたり、アートワークやプレイリストが消えてしまう可能性もあるため、Catalina向けにライブラリを移行する作業は僕のように「iTunesという以前までのmacOSのフォルダやライブラリが存在するのが気持ち悪い」という訳でもない限り無理に行う必要はないだろう。