macOS Catalinaのズームボタンのポップアップメニューを無効化する

macOS CatalinaではFinderウィンドウのズームボタン(ライトテーマでは緑のボタン)にポインタを合わせるとウィンドウ管理メニューがポップアップ表示されウィンドウの管理が可能だ。

ただ、人によってはこのメニューが鬱陶しいという場合もあるだろうし、僕個人もこのポップアップメニューは全く使わないため、ここではCatalinaのFinderウィンドウのポップアップメニューを無効にする方法を紹介する。

Catalina Finderウィンドウのズームボタンポップアップを無効にする方法

ターミナルでコマンドを実行

このメニューの無効化は非常に簡単で下記のコマンドをターミナルで続けて実行するだけだ。

defaults write -g NSZoomButtonShowMenu -bool no
killall Finder

改めてズームボタンにポインタを合わせて無効になったことを確認

上記のコマンドを実行してFinderがリセットされたら改めてFinderウィンドウのズームボタンにポインタを合わせてポップアップメニューが無効になったことを確認すれば完了だ。

なお、この設定は上記コマンド実行後に開いたアプリに適用されるため、コマンド実行前に開いていたウィンドウやアプリは改めて開きなおそう。

元の挙動に戻す場合は下記のコマンドを実行する。

defaults write -g NSZoomButtonShowMenu -bool yes
killall Finder

まとめ

Finderのズームボタンにポインタを合わせるとウィンドウ管理メニューが出るというのはそもそもあまり知られている機能ではないが、このメニューが必要ない・鬱陶しいという人は上記の方法を試してみると快適になるだろう。