macOS CatalinaでBluetoothが不安定・接続できない場合の対処法

ここではmacOS CatalinaにアップデートしたMacでBluetoothデバイスの接続が不安定、あるいは全く接続できない場合の対処法を説明する。

僕の場合はPS4コントローラー(DualShock 4)がMacBook Pro 13 Mid 2019となかなかペアリングできず、接続できたとしてもペアリング設定をMacが忘れてしまったかのように接続が維持されないという問題が起きた他、Magic Trackpad 2が有線でしか使用できないという現象も発生した。

対処法

注意
以下の対処法のいくつかはBluetooth機器が全て切断される他、ペアリング情報もリセットされる場合があるため、あらかじめマウスやトラックパッドなどを有線で接続しておくことをお勧めします。

Bluetooth設定情報の削除

macOS CatalinaでBluetooth関連の問題が起きたら以下のcom.apple.Bluetooth.plistというBluetoothの設定情報が記憶されているファイルを削除する方法を試してみよう。

僕の場合はこの方法でmacOS CatalinaのBluetooth問題は全て解消できた。

まずターミナルを開き以下のコマンドを実行する。

sudo rm /Library/Preferences/com.apple.Bluetooth.plist

鍵マークが出てパスワードの入力を求められたら管理者パスワードを入力してエンターキー。

以上で削除作業は完了。

これによりBluetoothの設定情報が削除されるがcom.apple.Bluetooth.plistというファイルは自動的に再生成される。

コマンド実行後、再びBluetoothデバイスの接続作業をすれば「ペアリングができない」「接続が維持できない」という問題は解消されるはずだ。

もし解消されない場合、あるいはBluetoothデバイスの検出がおかしくなっている場合は一旦Macを再起動してみよう。

Bluetoothモジュールのリセット

plistの削除で解決しない場合、まずシステム環境設定の「Bluetooth」を開く。

「メニューバーにBluetoothを表示」をクリック(既にチェックが入っている場合はそのまま)。

続いてOption(Alt)とShiftキーを押しながらメニューバーのBluetoothアイコンをクリックし、デバッグの項目から「Bluetoothモジュールをリセット」をクリック。

警告が出るので「OK」をクリック。

「OK」を押すと全ての無線時のBluetoothデバイスが「未接続」になるため、再度ケーブルを接続してペアリング、もしくは再接続をしよう。

セーフモードで起動する

Macの起動時にShiftキーを押し続けてセーフモードでMacを起動し、しばらく使用するなどしてBluetoothの切断現象が再現されるか確認してみよう。

また、セーフモードで起動するとmacOS内の不要なキャッシュファイルが削除されるため、一度セーフモードで起動した後にMacを通常起動させるだけでも有効な場合がある。

macOSを上書きインストール

macOSの起動・再起動時にCommand+Rキーを押し続けてリカバリーモードに入り、この画面から「macOSを再インストール」を選ぶとユーザーのデータを維持したままmacOSのシステムだけを上書きインストールすることが可能だ。

どうやってもBluetoothの問題が解決しない場合、一度上書きインストールを試してみるのも手だ。

また、これはあくまでシステムの上書きインストールであるため、ユーザーがインストールしたアプリケーションやユーザーのファイルが消えることはない。

macOS CatalinaのmacOSの上書きインストール手順は下記記事で解説している。

不具合が生じたのでmacOS Catalinaを上書きインストールしてみた。引き継がれる設定、引き継がれない設定は?

Bluetooth設定情報を削除した後Apple Watchによるロック解除ができなくなった場合

Apple Watchのロック解除機能を使用している場合、Bluetooth設定情報削除後にApple Watchの再起動や上記の項目のオン・オフが必要になることがある

前述のBluetooth設定情報の削除後はApple Watchのロック解除機能を使用している場合、Apple Watchの再起動及び「Apple Watchを使ってアプリケーションとこのMacのロックを解除」をオフにして再びオンにする作業が必要なことがある。

まとめ

macOS Catalinaは現在バージョン15.5までアップデートされているが、依然として不具合はまだまだ多い。

上記でまとめた方法も対症療法的なものであり根本的な解決にはmacOS Catalinaのバグフィックスを待たなければならない。

もしまた同様の問題が発生したら上記の手順を再実行してほしい。