macOS Big SurでメニューバーからSidecarをすぐに起動する方法

macOS Big SurではmacOS Catalinaまで存在した「ディスプレイ」のアイコンは「コントロールセンター」に内包され、デフォルトではmacOS Catalinaのようにメニューバーのアイコンから即座にSidecarを起動するといったことは出来ないと思っていたが、簡単な操作でmacOS Catalinaまでの仕様に戻せることがわかったので備忘録代わりにまとめておく。

なお、macOS Catalinaでメニューバーにディスプレイ(ミラーリング)アイコンを表示するにはシステム環境設定の「ディスプレイ」の項目で「使用可能な場合はメニューバーにミラーリングオプションを表示」にチェックを付ける。

macOS Big SurでメニューバーからSidecarを起動する方法

macOS Catalinaまでのようにディスプレイアイコンをメニューバーに表示するには単純にコントロールセンターから「ディスプレイ」の項目をメニューバーにドラッグするだけでいい。

あとは単純にCatalinaまでのようにメニューバーのディスプレイアイコンをクリックすれば接続先にiPadが表示されるのでクリックすればSidecarが起動する。

コントロールセンターから項目をメニューバーにドラッグ出来るのは知っていたが、まさかディスプレイ設定をメニューバーに表示する方法がコントロールセンターからドラッグすることだとは思わなかった。

BluetoothやWi-Fiは個別に「メニューバーに表示」という設定が用意されている

もちろんディスプレイ以外にもBluetoothやWi-Fi、サウンドアイコンもメニューバーにドラッグするだけでメニューバーにアイコンとして表示出来るが、BluetoothやWi-Fiはメニューバーにアイコンを表示する設定が別に用意されている。

メニューバーからアイコンを消す場合

逆にメニューバーからディスプレイアイコンなどを消すにはコントロールセンターの当該項目をドラッグすると効果音と共にメニューバーからアイコンが削除される。

灯台下暗し

灯台下暗しというか、僕が理解力がないだけかもしれないがコントロールセンターから項目をメニューバーにドラッグ出来るとは普通思わないのではないだろうか(iPhoneのコントロールセンターはドラッグ出来ないのだから)。

また、ディスプレイ設定以外のBluetoothやWi-Fiにはそれぞれの設定項目に「メニューバーに表示」というオプションがあるのも混乱を招きやすい。