macOS Big SurでParallels Desktopが起動しない・クラッシュする場合の対処法

macOS Big Surでは現状Parallels Desktop 15はエラーが出て通常の方法では起動せず、最新版のParallels Desktop 16もクラッシュしたり再起動ループに陥り起動しない場合があるため対処法を紹介する(なお、Parallels Desktop内のBig Surが起動しないのではなく、Big Sur上のParallels Desktopが起動しない)。

画像出典 Parallels

なお、Parallels DesktopのエラーはParallels公式サイトで対処法が紹介されているが管理人の環境では効果がなかった。

参考 Known issues with macOS 11 Big Sur and Parallels Desktop for MacParallels

macOS Big SurでParallels Desktopの仮想マシンを起動するとMacがクラッシュする場合の対処法

現在macOS Big Surでは一部の環境でParallels Desktopで仮想マシンを起動すると即座にMacごとクラッシュすることがある。

これを回避するにはParallels Desktopの「構成」>「ハードウェア」>「CPUおよびメモリ」の項目で「詳細設定」を開き「Hypervisor」を「Parallels」から「Apple」に変更する。

なお、既に仮想マシンが起動している状態(サスペンド状態など)の場合はメニューバーのParallels Desktopから「処理」>「ストップ」を選んで仮想マシンを強制終了させておこう。

macOS Big SurでのParallels Desktopが起動不可の対処法

Parallels Desktopがクラッシュではなく起動しない場合は下記の対処法を試そう。

ターミナルコマンドでの対処法

「コンポーネントがない」というエラーで起動できない場合は下記コマンドをターミナルで実行するとインターフェースの描画が若干おかしいもののParallels Desktopが起動可能になる。

SYSTEM_VERSION_COMPAT=1 open -a "Parallels Desktop"

または

export SYSTEM_VERSION_COMPAT=1 open -a "Parallels Desktop"

このコマンドはバージョンチェックをバイパスするコマンドなので、macOS Big SurによるParallels Desktopのバージョンチェックがエラーの原因のようだ。

なお、注意点としてParallels Desktopを起動する度に上記コマンドを実行する必要がある。

VirtualBox_Uninstall.toolを実行する対処法

Parallels Desktopを起動した際に「Parallels Desktopの設定を完了するためMac を再起動してください」というエラーが出て再起動のループに陥ってしまった場合は下記の方法を実行する。

  1. こちらのリンクからVirtualBoxのDMGファイルをダウンロードする。
  2. DMGファイルを開いたら右下の「VirtualBox_Uninstall.tool」を実行する
  3. 「開発元が〜」のエラーが出たらシステム環境設定の「セキュリティとプライバシー」から本ツールを許可して開く
  4. VirtualBox_Uninstall.toolの処理が終わったら再度Parallels Desktopを起動し、正常に起動するか確認する

この方法はParallelsの公式フォーラムでユーザーにより提示された解決法であるが、何人かのユーザーが正常に起動するようになったと報告している。

まとめ

有料・無料を問わず、現在多くのMac向けソフトウェアにおいてmacOS Big Surと既存のアプリケーションとの互換性の問題が報告されている。

もしmacOS Big Surの導入を検討しているなら不具合が発生した場合に支障が出るマシンにインストールしない・使用しているアプリケーションのサポート情報を確認する、更には下記のような問題も以前のデベロッパーベータまで存在していたため万全を期して頂きたい。