macOS Big Sur このライブラリをアップロードするとiCloudストレージの空き容量がなくなる可能性がありますバグ

macOS Big Surで写真アプリの「iCloud写真」を有効にする際に「このライブラリをアップロードするとiCloudストレージの空き容量がなくなる可能性があります」と表示される場合がある。

バグなのでオンにしても問題はないし、iCloudのストレージをアップグレードする必要もない

iCloudのストレージのアップグレードも勧められるが無視する

このメッセージはmacOS Big Surのバグ「既存の写真ライブラリを新たにiCloudに追加しようとしているとmacOSが誤解する」のが原因なので実際にiCloudの空き容量が十分にあるのならこのメッセージは無視してもいいし、iCloudのストレージをアップグレードする必要もない。

メッセージを無視してiCloud写真をオンにすれば写真ライブラリの同期が始まり問題なくiCloud写真を利用できる。

仮に写真のアップロードが始まってしまったとしても既にある写真ライブラリに同一の写真がアップロードされるだけ(上書きされるだけ)でiCloudのストレージを圧迫することはない。

「iCloudのストレージの空き容量がなくなる」と表示されても現在十分にiCloudストレージの容量があるならば焦ってストレージをアップグレードする必要はないので注意しよう。

現状macOS Big Surは細かいバグだらけ

macOS自体がクラッシュするという大きな問題は起きていないものの、Catalinaに引き続きmacOS Big Surも現状細かいバグだらけでRedditMacRumorsのフォーラムも阿鼻叫喚なのでmacOS Big Surへのアップデートは少なくとも今は避けた方が無難だと思う。