macOS Big Surでフォントスムージングをオフにする方法

macOS Big SurではmacOS Catalinaまでシステム環境設定の「一般」の設定に存在した「使用可能な場合は滑らかな文字を使用」というオプションが廃止されている。

本記事ではmacOS Big Surで「使用可能な場合は滑らかな文字を使用(フォントスムージング)」をオフにする方法を紹介する。

macOS Big Surでフォントスムージングをオフにする手順

まずターミナルを開き下記コマンドを実行する。

defaults -currentHost write -g AppleFontSmoothing -int 0

コマンドを実行したらMacを再起動するかログアウトして再度ログインする。

するとmacOSのフォントスムージングがオフになる。

スクリーンショットでは分かりにくいかもしれないが、実際に自分で画面を見てみると違いは一目瞭然。

もしmacOS Big Surでフォントがぼやける、フォントに違和感があるといった場合は上記コマンドを実行してフォントスムージングをオフにすると改善する場合がある。

元に戻すには下記コマンドを実行。

defaults -currentHost delete -g AppleFontSmoothing

コマンド実行後、先程と同じようにMacを再起動、もしくはログアウトして再度ログインすれば元に戻る(フォントスムージングが再度有効になる)。

macOSのフォントスムージングは下記記事でも解説しているのでmacOSでのフォントレンダリングについて詳しく知りたい方は参考にしてほしい。

文字が掠れる場合などにmacOSのフォントレンダリングを調整して改善する方法