フィッツの法則に反するmacOS Big SurのDock

画像出典 Apple
macOS Big SurではDockが浮いている

macOS Big SurではこれまでのmacOSとは異なり、DockがiOSやiPadOSのデザインと同じく画面下端から僅かに「浮いている」のだが、macOS Big SurのBetaを使用している中でこの浮いているDockがフィッツの法則(Wikipedia)に反している(フィッツの法則の適用が中途半端になっている)と感じたのでまとめておく。

なお、僕は完全にフィッツの法則を理解しているわけではないため、もし誤謬があったら遠慮せずにご指摘して頂きたい。

フィッツの法則とは?

フィッツの法則とは主にGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)を設計する際に用いられる法則であるが(正確にはGUIに限った法則ではない)、簡単に言えばUI/UXの向上(操作の快適さ)を定義したものだ。

フィッツの法則ではポインティングデバイスによるウィンドウのボタンのサイズをクリックしやすいように大きくしたり、クリックなどの判定を大きくしてユーザーが快適に操作しやすいようにUIを設計することを求めている。

例えばmacOSのメニューバーのAppleマークやWindowsのスタートボタンは例えポインタがそれらのボタンの上に正確に位置していなくてもクリックすることが可能となっている。

ポインタは画面端に到達するとそれ以上は移動しないため、フィッツの法則ではこれらAppleマークやWindowsのスタートボタンは画面外に無限の幅を持っているということになり、快適な操作性を実現することが可能になる。

Appleマークを例にするとポインタの左側(画面外)にクリック判定がある無限の幅を持っている

また、ウィンドウサイズを変更する際などにポインタがぴったりウィンドウの端に位置していなくても大まかな位置にポインタを持ってくればポインタが変化するのもフィッツの法則の適用例と言える。

フィッツの法則はこういったクリック判定などを厳格にせず、ある程度のクリック判定の余裕を持たせたUI/UXの設計に寄与している。

ちなみにフィッツの法則が基本とする概念は「時間」であり、ユーザーが一定の操作にかかる時間を極力短くすることを理想としている(最高の理想の時間は「0」)。

フィッツの法則に反するmacOS Big SurのDock

冒頭でも書いたようにmacOS Big SurのDockは画面下端からわずかに上方に位置し、浮いている状態となっている。

しかし実際にmacOS Big Surを使うとわかるのだが、このDockと画面下端との間のギャップ(隙間)は明確にホバーとクリックの判定を持っており、実際には浮いているように見えるが隙間をクリックすればアプリケーションの起動や選択が可能となっている。

ここで問題となるのが視覚的に与えられる情報と実際の動作の乖離だ。

視覚的にはmacOS Big SurのDockは画面下端から浮いているため、隙間をクリックしてもクリック判定がないように見えるが、実際にはクリック判定を持っているため見かけ上の動作と実際の動作が乖離している。

従来のmacOSのDockも同様に画面下端にクリック判定を持っているが、従来のmacOSでは視覚的にもDockは画面下端に位置していたため、見かけ上の動作と実際の動作には乖離が生じなかった。

しかしmacOS Big SurのDockは「一見すると浮いていてギャップ部分はクリックできないように見えるのにクリックできる」という視覚的にはフィッツの法則が適用されていないのに、実際の動作にはフィッツの法則が適用されているという中途半端な状態になっている。

macOS Big SurのDockはデザインをiOSやiPadOSに統一させるためにフィッツの法則を半ば無視してしまっていると言える。

理想のDockは画面下端に位置していること

macOS Big Sur Beta(Developer Beta)を使い始めてから随分経つが、このDockの見かけ上の動作と実際の動作の乖離には未だに違和感を拭えず、更にフィッツの法則抜きにしてもデザイン面でDockが浮いているのは奇妙に思う。

特にアプリケーションを最大化した際などにDockと画面下端との間に隙間が生じるのは見た目的に統一性がなく、スマートとは言えない。

画像出典 Apple
個人的には下端にくっついたDockが理想

異論があるかもしれないが、少なくとも僕が理想と考えるDockは上記のように画面下端から浮かずにぴったりとくっついたものだ。

不思議なことにAppleのmacOS Big Surプレビューのページでは「浮いたDock」と「浮いていないDock」の両方の画像が掲載されており、AppleもDockを浮かすべきかどうかで逡巡した様子が見て取れる。

ちなみにRedditでは海外ユーザーによって下記のようなUIのコンセプト画像が提案されていた。

画像出典 Reddit
AstralBirth_Void氏によるコンセプト画像

上記のコンセプト画像は「メニューバーがフィッツの法則に反している」として批判的な意見が多かったが、少なくとも海外ユーザーの中にも僕と同様にmacOS Big SurのDockとメニューバーの統一性のなさに疑問を感じるユーザーはいるようだ。

iOSやiPadOSと統一性を持たせるためにはDockを浮かす必要があるのは承知だが、macOSはiOSやiPadOSと違って「メニューバー」が存在するため、Dockだけが画面下端から浮くのはこれまでのmacOSのUI/UXを壊してしまっているように思うため、望みは薄いがAppleには改善を望みたい。

まとめ

macOS Big Surはアイコンのデザインが特に批判されるが、僕としてはアイコンもそうだが本記事でまとめたように浮いたDockのデザインに最も違和感を抱いている。

本記事でまとめた僕個人の意見は既にフィードバックアプリでAppleにフィードバック済みだが、今更Dockのデザインを急に変更するとも思えないため、macOS Big Surの浮いたDockには慣れるしかないのかもしれない。