macOS Big Surのデザインについての批判と僕の思うところ

macOS Big Surが発表されてからというもの、海外のフォーラムではBig Surのネーミングや一新されたアイコン・全体のデザインに批判が高まっている。

ここではmacOS Big Surに対するデザインへの批判の声と僕自身の考えをまとめてみたいと思う。

macOS Big Surに対する批判の嵐

MacRumorsフォーラムやRedditのmacOS SubredditではmacOS Big Surが発表されてからというもの、主にそのデザインについて「醜い(Ugly)」「忌まわしい・醜悪(Abomination)」といった批判の声が挙がっている。

数日間に渡ってMacRumorsフォーラムやRedditを見た限り、絶賛している人は全くいないと言っていい。

なお、僕は国内のコミュニティサイトは全く見ないため、日本語のSubredditや2ch、SNSなどでmacOS Big Surのデザインについて何と言われてるかは知らないが、恐らく海外と同様の意見が多勢ではないかと思う。

英語話者以外が見ても奇抜なネーミング

画像出典 Apple

デザインの前にmacOS Big Surについて「Big Sur」というネーミングに対して疑問の声がある。

「Big Sur」はOS X Mavericks以降のmacOSと同じようにアメリカ合衆国カリフォルニア州に存在する地名が由来となっているが「Big Sur」を略すと「BS」であり、これはスラングの「Bullshit」の略語として海外でよく使われている。

参考 macOS BSTwitter検索

試しにGoogleやTwitterで「That's BS」と検索してみるとそのような言葉が飛び交っているはずだ。

「Bullshit」という字面から分かる通り非常に下品な言葉であり、意味としては「嘘つけ」「デタラメ言うな」といった、嘘だとわかりきっていることに対する罵倒の言葉である。

英語話者以外が見ても「Big Sur(BS)」というネーミングには違和感を覚えるし、もちろん英語を母語とする人から見れば非常に奇抜なネーミングと捉えられている。

AppleもmacOS Big Surを略すと「macOS BS」となることは分かっていたと思うのだが、何故「Bullshit」に通じるような名前にしたのか僕も疑問に思う。

考えられる理由としてmacOS Big Surは大きな転換点となるmacOSのため「Big」とついたカリフォルニア州の地名を探し「Big Sur」という名前に行き着いたのかもしれない。

アイコンに対する批判

画像出典 Apple

ネーミング以上に批判されているのがそのアイコンデザインである。

参考 Big Sur vs Catalina dock/iconsReddit

iOSやiPadOSとの統一性を歓迎する声がある一方で、特に「メッセージ」、「FaceTime」、バッテリーの詳細表示のアイコンに対しては嫌悪感を抱く人が非常に多い。

画像出典 Reddit
エンボス効果を施した奇妙なバッテリーアイコン

僕の好きなYouTuber&Appleファンの「Krazy Ken」氏もmacOS Big Surのアイコンデザインについて「Uncanny Valley(不気味の谷)」を引き合いに嫌悪感を示している。

macOS Big Surからはアイコン類がiOSやiPadOSと同じようなラウンドスクエア(角丸)アイコンになり、デザインもiOSやiPadOSと統一されているが、何故かmacOS Big SurのアイコンはiOSやiPadOSのアイコンに影を中途半端に足したようなデザインになっている。

このような奇抜、というより奇妙なデザインに対して海外コミュニティでは「何故そっくりiOSやiPadOSのアイコンを採用しなかったのか?」「バッテリーの詳細表示のアイコンは醜すぎる」とすこぶる評判が悪い。

僕自身もメッセージ、FaceTime、バッテリー、加えてシステム環境設定のアイコンも「半3D」あるいは「半スキューモーフィズム」という印象がして奇妙に感じる。

恐らくAppleとしてはiOSやiPadOSと統一性を保ちつつも「プロフェッショナルツール」としてmacOSを別物と位置付けるためにあえてこのようなアイコンデザインにしたのではないかと思うが、iOSやiPadOSに無理やり影を足す、というよりエンボス効果を施したようなデザインにするべきではなかったのではないか。

コンピュータらしくないデザインに対する批判と僕の考え

画像出典 Apple

macOS Big Surの全体のデザインについても「コンピュータらしくない」という声が挙がっている。

参考 Big Sur makes macs look more like a tablet and less like a computer. Makes me consider switching to windows.Reddit

上記スレッドではOP(Original Poster - スレ主)が「macOS Big Surのデザインはタブレットみたいでコンピュータらしさがない。Windowsに移行することを考えさせられる」と怒りの声を挙げている。

僕としてはアイコンのデザインについては前述のように奇妙だと感じているが、全体のデザインについてはAppleが正に「コンピュータらしさをなくそう」とした結果によるものではないかと思っている。

近年、スマホやタブレットなどのスマートデバイスの登場によりコンピュータとそれらのデバイスの境界が曖昧になっており、タブレットをノートPCの代わりに使うといったように、そもそもパーソナルコンピュータを必要としない層が出てきている。

今後、コンピュータ(パーソナルコンピュータ)というものは専門職やそれを必要とする層のみが使うデバイスとなり「コンピュータでなければ出来ない」といったことは減っていくと考えられる(スマートフォンもタブレットもコンピュータではあるがここではパーソナルコンピュータという意味で受け取ってもらいたい)。

もちろんこれからもコンピュータは存在し続けるが、その立ち位置は大きく変わっていくだろう。

興味深いことに、この流れはコンピュータが大衆に普及する前に専門職や特定の人のみがコンピュータを使っていた時代にも似ている。

いずれにしろAppleも「コンピュータを必要としない層」が増えてきていることは承知しており、だからこそジョブズが「NO」といったApple Pencil(スタイラス)をiPad向けにリリースし、iPad ProというiPadの上位モデルも設けた。

画像出典 Apple

最近ではiPad Pro向けのMagic Keyboardまでリリースし、AppleはiPad Pro 2020とMagic Keyboardの組み合わせを「コンピュータ」として位置付けている。

そうした流れの中でMac、そしてmacOSというブランドはある種の岐路に立たされており、あえてiOSやiPadOSなどのスマートデバイスのUIデザインに統一し、iPhoneやiPadを使用するユーザーを取り込みたいのではないかと思う。

iPhoneやiPadの壁紙とmacOS Big Surの壁紙はよく似ている

現にmacOS Big Surのデモ機や米Apple公式サイトのmacOS Big Sur Previewにおいても壁紙は従来のmacOSとは異なりiPhoneやiPadのデフォルト壁紙に酷似したものを使用しており、アイコンだけではなく全体的に「ポップさ」というものをプッシュしているように感じる(なお、macOS Big Surデベロッパーベータには従来までと同じようにBig Surの空撮壁紙も収録されていることが判明している)。

「iPhoneやiPadは好きだけどMacって難しそう」といったユーザーやiPad Proからステップアップしたい層を取り込むため、iOSやiPadOSのようなポップなUIデザインや壁紙に統一し「MacもiPhoneやiPadと同じように簡単に使えますよ」とアピールしたいのではないか。

もちろん、そうした邪推を抜きにして「MacもApple Silicon(ARM)に移行するため、プロフェッショナルツールとしてMacの良さを残しつつもiPhoneやiPadとの統一性を図ろう」という単純な意図によるものである可能性もある。

どちらにしろ、将来的にはARM MacでダイレクトにiOSやiPadOS向けのアプリが動作するようになるため、従来まで存在した「Mac」という概念はある種の転換点を迎えようとしているのではないかと思う。

そうした流れの中でmacOS Big Surはこのようなデザインになったのではないか。

実際、macOS Big Surは20年続いてきた「10.xx」というバージョン表記を変更し、一気に11.0にジャンプしたため「従来のmacOS(OS X)からの脱却」を試みているように感じる。

2000年9月13日の初代OS X(10.00)のパブリックベータから20年のこのタイミングでこうした大きな変更を行ったのは偶然ではないだろう。

まとめ

僕自身はmacOS Big Surのデザインについては正式版がリリースされるまでは絶賛も批判もあまりしたくないというスタンスだが、アイコンのデザインについてはある種の改善が必要だと考えている。

ただ、ここまで批判の声が多いとさすがに正式版までに何らかの変更(特にアイコン)が加わる可能性は高いと思う。

既に多くの人がデベロッパーベータを利用しており(デベロッパーではないユーザーも含む)多数のフィードバックがあったはずだ。

Appleがこれらの批判を全て無視するとも思えないため、最終的なアイコンのデザインは恐らく変更されるだろう。

こうしたアイコンデザインへの批判はWindows 10のベータを彷彿とさせるが、macOSでここまで四方八方から批判されるというのは珍しい。

発表当初から批判の声でスタートするという形にはなってしまったが、前述のようにmacOS Big SurはデザインだけではなくMacにとってある種の転換点、そして従来までのOS X(10.xx)の終焉を告げるバージョンだと思うので、最終的にどのような仕上がりになるのか正式版が楽しみではある。