macOSで常にペーストをプレーンテキストで行う方法

macOSでのコピー&ペーストはデフォルトではCommand+Cでコピー、Command+Vでペーストだが元のフォーマットに合わせる振る舞いのため、例えば太字をコピーしてペーストすると太字のままペーストされてしまう。

太字やHTML要素がそのままペーストされてしまっている

Option+Shift+Command+Vでペーストすることでプレーンテキスト(元の書式を無視)でペーストができるものの、このショートカットは少々面倒だ。

ここではmacOSのデフォルトペーストを常にプレーンテキストで行う方法を紹介する。

常にプレーンテキストでペーストする手順

デフォルトのペーストショートカットを変更する

まずはシステム環境設定の「キーボード」の設定を開こう。

キーボードの設定を開いたら「ショートカット」タブに移動し、左パネルから「アプリケーション」をクリックし、「+」ボタンをクリックする。

上記画像の設定が開くので「アプリケーション」のドロップダウンメニューが「全アプリケーション」になっていることを確認し、「メニュータイトル」の欄に「ペーストしてスタイルを合わせる」と入力する。

このメニュータイトルは一字一句同じでなければならず、好きなタイトルを付ければいいわけではないので注意。

その後「キーボードショートカット」の欄で「⌘V」を押し「追加」ボタンをクリックする。

上記画像のようになればCommand+Vのペースト動作が常にプレーンテキストで行われるようになる。

通常のペースト動作を別のショートカットに割り当てる

このままでは書式を保持したままペーストしたい場合のショートカットがないので通常のペースト動作を上記と同じ手順で違うショートカットに割り当てる。

「メニュータイトル」の欄に「ペースト」と入力し、キーボードショートカットの欄に好きなショートカット(ここではOption+Command+V)を割り当て「追加」ボタンをクリックする。

上記画像のようになれば完了。

プレーンテキストでペーストされるようになった

これでCommand+Vによるデフォルトのペーストが常にプレーンテキストで行われるようになり、書式を保持したままの以前のペースト動作でペーストを行いたければOption+Command+Vを押せばいい。

このショートカット変更の仕組み

このショートカットの仕組みであるがメニューバーの「編集」を表示した際の動作を変更することによって実現している。

画像のように「ペースト」及び「ペーストしてスタイルを合わせる(プレーンテキストでペーストする)」の動作をキーボードショートカットの「メニュータイトル」で置き換えているわけだ。

そのため、もしmacOSを英語環境で使用している場合、当然メニュータイトルも英語版macOSに準じる必要がある。

例えば「ペーストしてスタイルを合わせる」というメニュータイトルは英語環境のmacOSでは「Paste and Match Style」、「ペースト」は「Paste」というタイトルになる。

注意点

前述のように「メニュータイトル」でデフォルトのペースト動作を置き換えているため、一部のアプリやFinderなどでは上記画像のようにペースト動作が通常とは異なるものになってしまう場合がある。

大抵のアプリでは本記事の方法で大丈夫だが、一部アプリやFinderではデフォルトのペースト動作が変わることに留意してほしい。

まとめ

書式を維持したままペーストするか、それともプレーンテキストでペーストするかは完全に個人のMacの使い方や好みによるだろうが、もしmacOSのデフォルトのペースト動作に不満がある人は上記設定を是非試してほしい。