MacBookシリーズで蓋を閉じてもスリープにさせない方法

MacBookシリーズなどのノート型Macの場合、蓋(ディスプレイ/Lid)を閉じると自動でスリープモードに移行するが、場合によっては「ノート型Macで膨大なファイルをダウンロード中の際に蓋を閉じたまま処理を続行させたい」という場合もあるだろう。

特に埃による故障が多く報告されているバタフライキーボードを搭載したMacBookシリーズの場合、蓋を開けたまま自動で何らかの処理を長時間実行させるのは埃やゴミが入る可能性が高くなり、結果としてバタフライキーボードの故障に繋がる可能性もある。

ここではMacBookシリーズで蓋を閉じてもスリープさせない方法を紹介する。

なお、本記事の方法で蓋を閉じた際にスリープを無効にしてもディスプレイは蓋を閉じると消灯するため、ディスプレイが意味なく点灯したままになることはない。

MacBookシリーズで蓋を閉じた際のスリープを無効にする方法

バッテリー使用中の場合

電源を接続せずにバッテリーで動作中のMacBookシリーズのスリープを無効にする場合、下記コマンドをターミナルで実行する。

sudo pmset -b disablesleep 1

パスワードの入力を求められたら管理者パスワードを入力しよう。

元に戻す場合は下記コマンドを実行する。

sudo pmset -b disablesleep 0

電源接続時の場合

電源接続時のスリープを無効にしたい場合は下記コマンドをターミナルで実行する。

sudo pmset -aif disablesleep 1

パスワードの入力を求められたら管理者パスワードを入力しよう。

元に戻す場合は下記コマンドを実行する。

sudo pmset -aif disablesleep 0

スクリプトエディタでスリープの有効・無効を切り替えるスクリプトを作る

上記でまとめた方法は一時的なものであり、Macを再起動したりmacOSのアップデートなどを行うとデフォルトの動作に戻ってしまう場合がある。

そういった場合にいちいちターミナルで上記コマンドを入力するのは面倒なのでスクリプトエディタでスリープの有効・無効を切り替えるスクリプトを作っておくと便利だ。

スクリプトエディタを起動

まずmacOSにデフォルトでインストールされている「スクリプトエディタ」を起動しよう。

スクリプトエディタは通常ユーティリティフォルダ内に存在するが、Spotlightから「スクリプトエディタ」と検索して起動してもいいだろう。

スクリプトエディタにスクリプトを入力

スクリプトエディタを起動したら左下の「新規書類」をクリック。

スクリプト入力画面が出るので下記スクリプトを入力。

tell application "Terminal" to activate
tell application "System Events"
delay 0.5
keystroke "sudo pmset -b disablesleep 1"
keystroke return
delay 0.5
keystroke "your password"
keystroke return
keystroke "h" using {command down}
end tell

電源接続時のスクリプトを作りたい場合は「-b」という部分を「-aif」に置き換えよう。

スクリプト形式で保存

コマンドを貼り付けたら適当な名前(Disable Sleepなど)を付けてスクリプトファイルとして保存しよう。

次回からはこの保存したスクリプトを実行するだけで自動的にターミナルにコマンドが入力される。

元に戻すスクリプトファイルも作ろう

スリープを再び有効にしたい場合に備えてスリープを再度有効にする下記スクリプトも同様に保存しよう。

tell application "Terminal" to activate
tell application "System Events"
delay 0.5
keystroke "sudo pmset -b disablesleep 0"
keystroke return
delay 0.5
keystroke "your password"
keystroke return
keystroke "h" using {command down}
end tell

先ほどと同じく電源接続時のスクリプトを作りたい場合は「-b」という部分を「-aif」に置き換えよう。

これで次からはスリープの無効・有効を切り替えたい場合は今回作ったスクリプトを起動するだけでOKだ。

まとめ

蓋を閉じた際のスリープを無効にするというのは大半の場合必要ないかもしれないが、埃に弱いバタフライキーボードを搭載したMacBookに長時間処理をさせて放置状態にする場合は有用だろう。

ただ、バッテリー接続時のスリープを無効にした際はディスプレイは消灯するとは言えバッテリー消費が激しくなるため、処理が終わったあとは再度有効にするのを忘れないように注意してほしい。