用途別Mac向けおすすめ動画プレイヤー

僕はWindowsからMacに移行した際、好みの動画プレイヤーがなかなか見つからず、長期間様々な動画プレイヤーを渡り歩いてきた(Windows時代はMedia Player Classicで全てを賄っていた)。

ここでは用途別に無料で利用できるMac向けおすすめ動画プレイヤーを紹介する。

動画をサッと確認する・簡単な編集をしたい場合

動画をリピートしたり、サポートする動画ファイルに拘らない場合であればMacに最初からインストールされている「QuickTime Player」が最も手軽だろう。

また、トリミングなど最低限の編集もできるためちょっと動画を切り取りたいと言った場合にも便利だ。

ただ、QuickTime Playerは終了させると「常に手前」「リピート再生」の設定が保存されずデフォルトに戻ってしまう他「ドラッグアンドドロップで再生」などにも対応していない。

あくまで動画の確認、あるいは簡単な編集をするためのものであって「動画プレイヤー」として快適に使用できるようには出来ていない。

多機能・サポートする動画ファイル重視の場合

多機能さ、サポートする動画ファイルの豊富さを求める場合はMacの定番動画プレイヤーとも言える「VLC」が最もおすすめだろう。

実際Macの無料動画プレイヤーの中では一番人気と言っていい。

サポートする動画ファイル(及びサウンドファイル)は以下の通りであり、大抵の動画に加えてサウンドファイルも再生できる。

.3gp .a52 .aac .aif .aifc .aiff .alac .asf .asf .au .avi .dts .dv .flac .flv .m2ts .m4a .m4b .mka .mkv .mov .mp2 .mp3 .mp4 .mpeg .mpg .nsc .nsv .nut .ogg .ogm .ra .ram .rm .rmbv .rv .tac .ts .tta .ty .vid .wav .webm .wma .wmv .xa

ただ、僕個人としてはVLCのインターフェースは使いにくく、プレイリスト機能なども不要だと思っている。

再生できる動画ファイルの種類は他の追随を許さないがUIという点で僕としてはあまり好みとは言えない。

シンプルさ・使いやすさ重視の場合

僕が今最も気に入って使っている動画プレイヤーは「IINA」である。

元々「IINA」はmpvと呼ばれるオープンソースのメディアプレイヤーに独自に使いやすいUIを搭載して開発されたものであり、開発を主導したのはミネソタ大学のYuze Jiang氏、香港市大学のCollider LI氏である。

サポートする動画ファイルはそれほど多くはないのだが、非常に使いやすいUIであり、デザインもスタイリッシュな上に設定画面も非常にシンプルでわかりやすい。

それでいて「最前面に固定する」「リピート再生」「初期ウィンドウサイズの指定」など、基本的な機能は全て揃っている。

また、ピクチャインピクチャ再生に対応している点も魅力だろう。

まだ誕生したばかりの動画プレイヤーではあるが、現時点でも完成度は非常に高いため、2020年現在Mac向けとしては最もおすすめできる動画プレイヤーであると思う。

Amazon PrimeやNetflixをながら見したい場合

Amazon Prime VideoやNetflixなどのストリーミングサービスを最前面に固定してながら見したい場合は「Friendly Streaming」というMac App Storeで配布されているアプリがおすすめだ。

Amazon Prime Video、Netflix、Hulu、Twitch、YouTubeなど主要な動画サービスに対応しており、画面の端っこで映画を再生しながら作業をするといったこともできる。

また、本アプリはMac App Storeで配布されており、Appleの審査を通過しているため信頼性という面でも安心だ。

詳しい使い方は以下の記事にて。

MacでNetflixやAmazon Primeビデオを単体で再生できるFriendly Streaming

SWFファイルを再生したい場合

SWF(Shockwave Flash)ファイルは今ではどのWebサイトでもほとんど使用されておらず、多くのブラウザもサポートしなくなったため、SWFを再生できるプレイヤーも限られているが、僕が試した限りでは「Elmedia Player」が無料でありながらUIも使いやすく、SWFファイルに限ればこれがベストだと思う(もちろんSWFファイル以外の大抵の動画も再生できる)。

ただ、Elmedia Playerは以前マルウェアが混入した事件があり、それを境に利用をやめたという人もいるようで「信頼性」という面で不安がある。

Elmedia PlayerはSWFファイルをどうしても再生したいという時以外は控えた方がいいだろう。

まとめ

探してみるとMacにも多数の無料動画プレイヤーが存在する。

ただ、個々の動画プレイヤーでUIの使いやすさやサポートする動画ファイルなどが大きく違うため、どれも一長一短というのが正直なところだ。

Macでは単体の動画プレイヤーで全てを無理にカバーしようとせず、再生したい動画ファイル、使いやすさを考慮しながら臨機応変に動画プレイヤーを利用するのが最もスマートかもしれない。