Apple Silicon Macのファンも制御できるハードウェアモニタリングアプリ「TG Pro」

現在使用しているiStat MenusではApple Silicon Macのファン回転数の制御はおろかファン回転数自体も表示できないため、Apple Silicon Macにも完全対応している有料アプリ「TG Proを導入してみた。

なお、このアプリはあくまでハードウェアの温度やファン回転数を制御するためのものであってCPUやGPUの使用率はチェックできないのでiStat Menusなどと併用するのがお勧め。

iStat MenusやTG Pro以上に機能が豊富なハードウェアモニタリングアプリとして「Sensei」が存在するが価格が$59(サブスクリプションでも$29/年)もするため、温度表示やファン制御だけならばTG Proで十分だと思う。

なお、例によって本記事も管理人はいかなる依頼も報酬も受け取っていない。

TG Proの概要と購入方法

TG Proの概要

TG Proの価格とライセンス、対応環境については下記の通り。

形態:買い切り(メジャーバージョンアップデートの場合は追加料金)

配布場所:公式サイト

価格
2,310円(管理人購入時はセールで半額)

ライセンス
パーソナルユースは3コンピュータ。ビジネスユースは1コンピュータまで

対応Mac
Intel Mac及びApple Silicon Mac
macOS 10.11 El Capitan〜Big Sur

言語
英語のみ

14日間の無料トライアルもあるので気になる人はトライアルだけでも試してみる価値はあり(無料トライアルではバッテリー診断など一部機能が無効)。

購入方法

公式サイトに飛んだら「Buy」ボタンをクリック。

別ツールとのバンドル版のオプションがあるが特に必要がなければ「TG Pro」をクリック。

メールアドレスを入力して「次へ進む」をクリック。

「Japan」を選択して「次へ進む」をクリック。

クレジットカードかPayPalでの決済を選べるが、僕はあまり海外製アプリに個人情報を渡したくないのでPayPalを選択した。

希望の決済方法を選択して決済を済ませよう。

正常に決済が完了すると上記画面が表示されるのでTG Proをまだダウンロードしていないのなら「here」というリンクをクリックしてダウンロード。

TG Proの使い方

アクティベート

購入が完了した場合はメールでライセンスキーが送られてくるのでTG Proのメニューバーの「Register License」をクリックするか起動画面で「Activate License」をクリックしよう。

購入時に入力したメールアドレスを入力し「License Code」の部分にライセンスキーを入力して「Activate License」をクリックしよう。

上記ウィンドウが表示されたらアクティベートは完了。

メイン画面とメニューバー

TG Proを起動するとメニューバーにCPUなどの温度とファン回転数が表示されると共にメイン画面が表示され、Macのほぼあらゆるコンポーネントの温度が表示される。

更にウィンドウ下部の「Diagnostics」ではシャットダウンやスリープに異常があったかどうか、ファンやセンサーに異常があったかどうか、更にはMacBookなどの場合はバッテリーの健康状態もチェックできる。

また、コンポーネントの温度表示はメニューバーをクリックすることでも表示可能だ。

iStat Menusのセンサーと比べるとTG Proのメニューバーの温度表示は各コンポーネントに分かりやすい名前が付いており「具体的にMacのハードウェアのどの部分の温度なのか」ということが把握しやすい。

また、メニューバーのアイコンにはファン制御のトグルスイッチが用意されており「System(macOS制御)」、「Max(ファン回転数を最大)」「Auto Max(指定したルールに基づいてファンを制御)」といったようにファン回転数を切り替えることができる。

CPU

メイン画面のCPUの項目ではApple Silicon Macでは高効率コアと高性能コアの温度がコアごとに表示可能。

GPU

GPUの情報も表示可能だが、CPUと比べると情報量は少ない。

Hard Drive

Hard Driveの項目ではSSD(ストレージ)の温度が確認可能。

Logic Board

興味深いのはLogic Boardの項目で、Apple Silicon Macの場合はSoCのパッケージ温度、加えて「Neural Engine」や「ISP(Image Signal Processor)」の温度も確認できる。

Power Supply

Power Supplyの項目では電源に関するコンポーネントの温度が確認可能。

Thunderbolt

Thunderboltの項目ではThunderboltコンポーネント付近の温度を確認可能。

Wireless

Wirelessの項目ではWi-FiやBluetoothコンポーネント付近の温度を確認可能。

設定

メニューバーの「Preferences」をクリックするとTG Proの設定画面を表示可能だ。

アプリケーション(Application)

「Application」の項目ではTG ProをMac起動時に自動起動するかどうかといった設定やメインウィンドウへのショートカットキーなどを設定可能だ。

また「Update Frequency」のスライダーを調節すると「何秒ごとに情報を更新するか」といったインターバル指定もできる。

他にも「Run Mode」の項目では「Normal」を選べば通常起動、「Background」を選択すれば必要最小限のリソースでメニューバーアイコンだけに表示を絞ってセンサー情報を表示させることもできる。

リソースのことを考えると「Run Mode」は「Background」にしておくのがいいだろう。

メニューバー(Menu Bar)

「Menu Bar」の項目ではメニューバーアイコンに表示されるコンポーネントの温度やファン回転数を細かく指定できる。

「Temperature」を「Highest」にすれば全コンポーネントの中で一番温度が高い部分を表示するといった指定も可能な他、「Second temperature」では二つ目のコンポーネントの温度も同様に指定できる。

また、「Fan RPM」の項目では「ファンの平均回転数」や「ファンのリアルタイム回転数」などファン表示に関する細かい指定も可能。

更に「Options」の項目ではフォントサイズや温度表示のカラー設定なども可能。

温度(Temperatures)

「Temperatures」の項目では「摂氏」「華氏」の切り替えが可能な他、ハードドライブの温度をS.M.A.R.T.を使用してモニタリングすることも可能。

通知(Notifications)

「Notifications」の項目では通知を通知センターを使用するか、それともメールを使用するかを設定できる他、「Trigger When」の項目では例えば「いずれかのセンサーが100度を超えたら通知する」、あるいは「CPUの温度が100度を超えたら通知する」といった設定も可能。

ログ(Log)

「Log」の項目で「Enable Logging」にチェックすれば温度やファン回転数などの履歴をcsvファイルとして記録することも可能。

ファン(Fan)

「Fan」の項目では例えば「CPU温度が70度を超えたらメインのファンの回転数を100%にする」といったファンの制御が可能。

この制御を「Auto Max」と呼ぶが、他にも「Auto Boost」という機能も用意されており、Auto Boostの場合はファン制御が完全にmacOSから切り離され、アプリケーション上でも「自己責任で使用すること」という警告が出るのでファン制御は「Auto Max」の方がいいだろう。

同様にその他のAuto Boostに関する設定も弄らず、制御は全て「Auto Max」が一番良いかと思う。

他にもスリープ中にTG Proのファン制御を無効(Disable TG Pro fan control when Mac is sleeping)にしたり、「Auto Max」を無効にしてマニュアル制御にするといったことも可能。

アップデート(Update)

「Update」の項目は文字通りアプリケーションのアップデートに関する設定であり、特にデフォルトから変える必要はないだろう。

総評

現時点でApple Silicon Macでファン回転数を表示したり制御できるアプリは「Sensei」か「TG Pro」くらいのため、価格が手頃な「TG Pro」は特にApple Silicon Macを利用している人にお勧めしたい。

なお、「Macs Fan Control」という老舗アプリも存在するが2021年3月時点で「Apple Silicon Macは対応作業中」となっている。