MacのAirPlayやSiri、サウンドがおかしくなった場合の対処法

macOSでは稀にサウンド、特にAirPlayやSiri、Macのシステム音などがおかしくなることがある。

ここではMacにおいてサウンドがおかしくなった場合の対処法をまとめる。

Macでサウンドがおかしくなった場合の対処法

Apple Diagnosticsを実行

まずMacのサウンドの異常がハードウェアによるものなのか、それともソフトウェア(システム)によるものなのか原因を切り分けるためにMacの自己診断(Apple Diagnostics)を行おう。

Apple Diagnosticsを実行するにはMacの電源を一度落とし、電源の投入と同時にDキーを押しっぱなしにする。

すると自動で診断が始まり処理が終わると参照コード(リファレンスコード)が表示される。

ここで「問題は検出されませんでした」と表示されたのならMacのハードウェアに問題がある可能性は低い。

Apple Diagnosticsについての詳細は下記記事を参照していただきたいが、もし参照コードが「VFF」で始まるコードであった場合、まず間違いなくサウンド関連のハードウェアに異常(故障などの致命的な問題)が発生している。

Macの各種自己診断機能の実行方法とリファレンスコードまとめ

コアオーディオを再起動

macOSにはAirPlayやSiriのサウンドなどのシステム全体のサウンドを司るコアオーディオというプロセスが存在するが、コアオーディオに何らかの異常があるとサウンドがおかしくなることがある。

Macのサウンドの大抵の問題はMacを再起動すれば解決するが、以下のコマンドをターミナルで実行することでMacを再起動せずにコアオーディオだけを再起動することが可能だ。

sudo pkill coreaudiod

パスワードの入力を求められたら管理者パスワードを入力してエンターキーを押そう。

このコマンドが実行されても特に処理結果などは表示されないが自動でコアオーディオの再起動が行われる。

ターミナルの操作に不安がある場合、Fix Airplay.appを実行する

前述のターミナルでコマンドを実行するのが不安な場合は有志により開発されたmacOSのサウンド関連プロセスリセット用App「Fix Airplay」がGitHubで公開されているため、このアプリを実行するのも有効だ。

Fix Airplayをダウンロードしたら右クリックして「開く」をクリック。

上記警告が出るが「開く」をクリック。

管理人は実際に本Appを実行して悪意があるアプリケーションではないことを確認している。

実行すると10秒以下の電子音が鳴るという警告が出るが「Yes」をクリック。

なお、管理人の環境(macOS Catalina 10.15.5)では特に電子音などは鳴らなかった。

前述のダイアログで「Yes」をクリックするとパスワードの入力を求められるので管理者パスワードを入力し「OK」をクリック。

以上で特に何のメッセージも出ずにコアオーディオが再起動され、自動的にFix Airplay.appは終了する。

サウンドの出力装置を変える

もしMacに複数のサウンド出力(モニターやイヤホン、AirPodsなど)が存在する場合はシステム環境設定の「サウンド」の設定(もしくはメニューバーのサウンド/Bluetoothアイコン)からサウンドの出力装置を変更して別の出力装置でサウンドに異常があるか確認しよう。

特定の出力装置でのみサウンドがおかしくなる場合はその出力装置に問題がある可能性がある。

イヤホンやBluetooth機器でのみサウンドがおかしい場合は接触不良・断線や電波干渉、スピーカーからのサウンドがおかしいならApple Diagnosticsでも検出不能なスピーカーの故障などが考えられる。

NVRAMをリセットする

MacのNVRAM(Non-Volatile Random Access Memory - 不揮発性ランダムアクセスメモリ)にはMacのディスプレイやネットワーク、サウンドなどの設定・情報が保存されている。

サウンドに限らずMacにトラブルが起きた際はこのNVRAMのリセットの実行が有効な方法の一つとされている。

NVRAMのリセットを行うには下記のコマンドを実行するか、Mac起動時にoption+command+P+Rの 4つのキーを同時に押し続ける。

sudo nvram -c

万全を期すならキーの同時押しとターミナルのコマンドを両方実行するといいだろう。

まとめ

以上、Macでサウンド関連がおかしくなった場合の対処法をまとめた。

もし上記の方法のいずれも効果がなかった場合、最後の手段としてmacOSの上書きインストールを実行するしかないかもしれない。

macOSの上書きインストールについては下記記事で解説しているのでよければご参照頂きたい。

不具合が生じたのでmacOS Catalinaを上書きインストールしてみた。引き継がれる設定、引き継がれない設定は?