Macの各種自己診断機能の実行方法とリファレンスコードまとめ

macOSにはApple Hardware Test(AHT)、もしくはApple Diagnosticsというハードウェアに異常がないか自己診断する機能が搭載されており、通常はMacの電源ボタンを押してすぐにDキーを押し続けると自動でApple Diagnosticsによる自己診断が始まる。

更にターミナル上でもハードウェアや各種アプリ、システムプロセスの異常を確認することが可能だ。

ここではMacにおける各種自己診断機能を行う方法とApple Diagnosticsのリファレンスコードの一覧をまとめる。

Appleハードウェア診断(Apple Diagnostics)の実行方法

起動と同時にDキーを押しっぱなしにする

冒頭でも書いたとおり、Macのハードウェアの診断「Apple Diagnostics」は電源ボタンを投入すると同時にDキーを押しっぱなしにすればAppleロゴが点滅し、自動で自己診断が行われる。

自己診断が終わると画面に検査結果とリファレンスコード(参照コード)が表示される。

「問題は検出されませんでした」と表示された場合は少なくともApple Diagnosticsではハードウェアの異常は見つからなかったということになる。

リファレンスコードの確認はシステムレポートでも可能

なお、一度でもMacでApple Diagnosticsを実行したのであればシステムレポートの画面でApple Diagnosticsのリファレンスコードをいつでも確認可能だ。

リファレンスコードを確認するにはOptionキーを押しながらメニューバーのAppleマークをクリックして「システム情報」をクリックする。

左パネルから「診断」をクリックして「Apple Diagnostics」の欄でリファレンスコードを確認可能だ。

ちなみに「電源投入自己テスト」という項目はMacの起動時に毎回行われるテストであるため、Apple Diagnosticsとは関係ない。

リファレンスコード一覧

下記はAppleのサポートページでも説明されているリファレンスコードの一覧だ。

なお、下記の表は長くなりすぎないように簡略化しているため、詳細な情報が必要な場合はAppleのサポートページをご参照頂きたい。

リファレンスコード問題点
ADP000異常なし
CNWxxxWi-Fiに異常
NDCxxxカメラに異常
NDDxxxUSBに異常
NDKxxxキーボードに異常
NDLxxxBluetoothに異常
NDRxxxトラックパッドに異常
NDTxxxThunderboltに異常
NNNxxxシリアル番号未検出
PFMxxxSMC(システム管理コントローラ)に異常
PFRxxxファームウェアに異常
PPFxxxファン(冷却ファンなど)に異常
PPMxxxメモリに異常
PPPxxx電源アダプタに異常
PPRxxxプロセッサに異常
PPTxxxバッテリーに異常
VDCxxxSDカードリーダに異常
VDHxxxストレージに異常
VFDxxxディスプレイ/グラフィックに異常
VFFxxxオーディオに異常

ターミナルで実行するsysdiagnose

前述の方法でAppleのハードウェアの自己診断が可能だが、ターミナルにおいてもsysdiagnoseという機能で一部ハードウェアやmacOSのシステムの問題を自己診断することが可能だ。

まずターミナルを起動し下記コマンドを実行するか、Shift+Control+Option+Command+.(ドット/ピリオド)キーを同時に押す。

sudo sysdiagnose

なお、診断結果は処理が終われば/private/var/tmpに出力され、自動でFinderウィンドウが起動するが、出力先を例えばデスクトップなどに変更したい場合は下記コマンドを実行しよう。

sudo sysdiagnose -f ~/Desktop/

上記コマンドのいずれかを実行するとターミナルで処理が始まる。

なおパスワードの入力を求められたら管理者パスワードを入力しよう。

上記のような英語の長文(診断結果がAppleに送信されるという警告)が出たらエンターキーを押そう。

プログレスバーが表示されるので自己診断が終わるまではMacを操作しないようにしよう。

診断が終わると自動でFinderが開きtar.gz形式の書庫ファイルが生成される。

上記ファイルをダブルクリックで解凍すると大量のダンプファイルが表示される。

ダンプファイルは膨大な数に上るが、とりわけ重要なのはsysdaiagnose.logというファイルであり、重要な情報は一通りこのファイルに記録されている。

実際にファイルの中を確認してみたが、全ての項目で「OK, all tasks done」という表示であり、特別異常は見られなかった。

これらのファイルはユーザーが簡単に理解できるようには出来ていないが、例えば特定のアプリがクラッシュする際にこれらのファイルを開発者に提供することで問題解決の糸口に繋がるだろう。

ちなみにこれらのファイルは不要であれば削除してしまって大丈夫だ。

ディスクユーティリティでの自己診断「First Aid」

もしディスクやボリューム、パーティション、macOSのシステムの異常を簡易的に診断したい場合は「ディスクユーティリティ」から実行できる「First Aid」も有用だ。

まずSpotlightなどの検索で「ディスクユーティリティ(Disk Utility)」などと検索してディスクユーティリティを起動し、起動ボリューム(通常はMacintosh HD)を選択し、「First Aid」というボタンをクリックする。

「実行」をクリック。

起動ボリュームでのFirst Aidの処理中はシステムがロックされるため、上記警告が出るが「続ける」をクリック。

なお、macOS CatalinaではFirst Aidの起動ボリュームでの処理中はディスクユーティリティのウィンドウ以外非表示になり、他の操作は一切できなくなる。

First Aidが無事に完了し「終了コード」が「0」であればディスクやパーティション、ファイルシステムなどには異常がないということになる。

まとめ

以上、Mac(macOS)で利用できる一通りの自己診断機能の実行方法とリファレンスコードについてまとめてみた。

もしMacに何らかの異常が発生した場合はSMCやNVRAMのリセットと併せて上記自己診断機能を利用してみるといいだろう。