Macの保存パネルのファイルビュー表示(拡張表示)をデフォルトにする方法

Macでは通常、初めて使用したアプリケーションの保存パネルは上記画像のように縮小された最小限の表示で、上記画像赤枠の「下矢印」ボタンをクリックすることでファイルビュー(アイコンやリスト)での表示(拡張表示 - Expand Panel)になり、設定も記憶されるが、この保存パネルのファイルビュー表示をmacOS全体でデフォルトにする方法を紹介。

この方法は特にmacOSをクリーンインストールしたり、初めてMacをセットアップした際にいちいち保存パネルのボタンをクリックしてファイルビュー表示にする必要がないので重宝するはず。

保存パネルのファイルビュー表示をデフォルトにする方法

ターミナルを開き下記コマンドを続けて実行するだけで、以降はどのようなアプリケーションであっても(独自のUIを持つものを除いて)保存パネルは常にファイルビュー表示で開くようになる。

defaults write NSGlobalDomain NSNavPanelExpandedStateForSaveMode -bool true
defaults write NSGlobalDomain NSNavPanelExpandedStateForSaveMode2 -bool true

コマンドを実行したらあとは何でもいいのでアプリケーションを起動し保存パネルを開いてみよう。

上記のようにファイルビュー表示で保存パネルが開けば成功だ。

元に戻す方法

前述のコマンドの効果を元に戻すには下記コマンドを続けて実行する(ファイルビュー表示になった保存パネルが元に戻るわけではない)。

defaults write NSGlobalDomain NSNavPanelExpandedStateForSaveMode -bool false
defaults write NSGlobalDomain NSNavPanelExpandedStateForSaveMode2 -bool false

まとめ

前述のコマンドはmacOS Mojave、Catalina、Big Surで有効であることを確認している(High Sierraでも恐らく有効)。