Macでアプリケーションを削除してもLaunchpadからアプリが消えない場合の対処法

僕は普段AppCleanerと呼ばれるフリーソフトウェアでアプリケーションの削除(アンインストール)を行なっているが、あるアプリがアプリケーションフォルダから削除してもLaunchpadには削除したアプリが表示され続けるという現象に遭遇した。

ここではアプリをアンインストールしてもLaunchpadからアプリが消えない場合の対処法を紹介する。

Launchpadから消えないアプリを完全に消す方法

消したはずのアプリがLaunchpadには表示され続ける

僕の場合は「Self Control」という特定のWebサイトへのアクセスをブロックするアプリをインストールしたところ、AppCleanerで削除してもLaunchpadには消したはずのアプリが表示され続けるようになってしまった。

この方法で確実に解消できるというわけではないだろうが、下記の手順を踏むことによってLaunchpadからも完全にアプリを消去できた。

ユーザーフォルダのアプリケーションフォルダにアプリが残っていないか確認

アプリによってはインストールした際に通常の「アプリケーション」フォルダ(Macintosh HD下)ではなくユーザーフォルダ側の「アプリケーション」フォルダにもアプリが生成されてしまう場合がある。

通常アプリはMacintosh HD>アプリケーションの中にインストールされるはずだがユーザーフォルダ側のアプリケーションフォルダにもアプリが存在するとMacintoshHD>アプリケーションフォルダから削除してもそのアプリはLaunchpadに表示され続けてしまう。

この場合はフォルダのパスで言えば以下のフォルダに移動してそこからもアプリを削除する。

Macintosh HD>ユーザ>ユーザ名>アプリケーション

Launchpadのアプリケーションアイコンが「?」マークに変化したら削除する

上記の手順を踏んだあと、再度Launchpadの消えないアプリをクリックすると「ファイルが見つからない」というエラーが出てアイコンに「?」マークが付くはずだ。

macOSでは「?」マークが付いたアプリケーションはその画面で「Optionキー」を押すとアイコンの左上に「X」マークが付くようになっておりそのXマークを押せばLuanchpardからそのアプリの表示を消すことが可能だ。

これで完全にMac内からそのアプリは消えたと言えるだろう。

まとめ

この現象はダウンロードしたアプリをアプリケーションフォルダ以外で起動した際に「ホームフォルダ内のアプリケーションフォルダに移動しますか?」という表示が出て「アプリケーションフォルダに移動する」を選択した場合に起きる。

macOSはアプリをアプリケーションフォルダ以外で起動した際、通常のアプリケーションフォルダ(Macintosh HD>アプリケーション)ではなくユーザーフォルダ側のアプリケーションフォルダにもアプリを移動させてしまう。

アプリをアプリケーションフォルダに移動させた際にアプリが複製されてしまうのはmacOSの仕様なのかバグなのかは判然としないが、まとめると「アプリがシステムフォルダとユーザーフォルダの両方のアプリケーションフォルダに存在することによってこの問題は引き起こされる」ということだ。

「アプリケーションを移動しますか?」という表示が出た場合はmacOSに任せるのではなく手動でアプリケーションフォルダに移動させた方が確実だろう。